アヌシー映画祭のグランプリ作品決まる 短編グランプリに「The Head Vanishes」、日本勢は受賞逃す | アニメ!アニメ!

アヌシー映画祭のグランプリ作品決まる 短編グランプリに「The Head Vanishes」、日本勢は受賞逃す

イベント・レポート

 
  •  
  •  
6月13日から18日まで、世界最大のアニメーション映画祭であるアヌシー国際アニメーション映画祭がフランスで開催された。最終日となる6月18日には、映画祭のメインイベントになるコンペティションの各賞が発表された。なかでも注目を浴びる短編アニメーション部門のグランプリ(クリスタル賞)には、FRANCK DION監督の『The Head Vanishes』が、長編アニメーション部門グランプリにはClaude Barras監督の『My Life as a Courgette』が輝いた。
2016年のコンペティションには、フランス、ヨーロッパはもとより北米、アジア、さらに広い地域から約2700本の応募があった。このなかから実際にコンペティションに選出されたのは6部門で194本という狭き門。最終日に何らかのアワードを獲得したのは、このうちさらに17作品のみという狭き門だ。日本からは、『サティの「パラード」』(山村浩二)、『水準原点』(折笠良)、『FEED』(岡崎恵理)、『何も見なくていい/Nothing you need to see』(伊藤圭吾)、『夏の女神の口の中』(リュウ・シンシン)、『スーパーショートコミックス』(松本慶祐)、Ez3Kiel『L’Oeil du Cyclone』(平岡政展)、サノマリイ『共感覚おばけ』(牧野惇)の 8作品がコンペインしていたが、いずれも受賞に届かなかった。

短編部門のクリスタル賞の『The Head Vanishes』は、頭を失った女性が不思議な旅に出るる少しシュールなストーリーを2Dの繊細な絵で表現した。フランスとカナダの共同製作となっている。監督のFRANCK DIONは、これまでにもアヌシーにたびたび出品、受賞を重ねており、満を持してのグランプリ受賞となる。
また長編グランプリの『My Life as a Courgette』は、フランスとスイスの共同製作による人形アニメーション。突然母親を亡くした10歳の主人公の少年が、引き取られた先で、他の孤児の仲間と新しい生活を発見するというストーリーである。監督のClaude Barrasは数多くの短編で高い評価を受けているが、今回は長編でクリスタル賞を獲得した。同作はこのほか観客賞も受賞し、ダブル受賞となった。

2016年の映画祭の参加者は9000人を超え、2015年比で10.3%増との大きな成長を遂げた。併設マーケットのMIFAと共に、アヌシーへの関心が大きく高まっていることがわかる。
さらに閉幕と同時に早くも来年2017年の開催日程も明かされた。6月12日から17日まで、本年と同様6日間、再びアヌシーの街をにぎわせそうだ。また、ゲストカントリーとして中国をピックアップすることも発表された。2016年は60年を超える歴史で初めて自国フランスをテーマにしたが、来年はいまや作品の多様化とマーケットの成長が世界的に注目される中国にフォーカスする。来年も映画祭は大きな話題を呼びそうだ。

[受賞作品]

■受託作品部門 
審査員賞
『Awesome Beetle's Colors』 Indra Sproge/INFINITY BOX(ラトビア)
クリスタル賞
『The New York Times "Modern Love - A Kiss, Deferred"』Moth Collective/NICHOLAS VAN DER KOLK (イギリス)

■テレビ部門
審査員賞
『Lili "Lili Loves Food"』Siri Melchior/DANSK TEGNEFILM 2 APS(デンマーク・イギリス)
審査員賞(テレビスペシャル)
『La Rentree des classes』
Stephane Aubier, Vincent Patar/PANIQUE, AUTOUR DE MINUIT, BEAST ANIMATION(ベルギー/フランス)
クリスタル賞
『Stick Man』Jeroen Jaspaert, Daniel Snaddon/MAGIC LIGHT PICTURES(イギリス)

■ 学生部門
審査員特別賞
『Frankfurter Str. 99a』Evgenia Gostrer
HOCHSCHULE FUR KUNST UND GESTALTUNG/SCHOOL OF ART AND DESIGN KASSEL(ドイツ)
審査員賞
『Balcony』David Dell'Edera
UMBRELLA STUDIO, BUDAPEST METROPOLITAN UNIVERSITY(ハンガリー)
クリスタル賞
『Depart at 22』Wiep Teeuwisse/HKU UNIVERSITY OF THE ARTS UTRECHT(オランダ)

■ アニメーション "OFF-LIMITS"部門
審査員特別賞
『The Reflection of Power』Mihai Grecu/BATHYSPHERE PRODUCTIONS(フランス/ルーマニア)
"Off-Limits"賞
『4min15 in the DeveloperMoia Jobin-Pare(カナダ)

■ 長編映画部門
観客賞
『My Life As a Courgette』Claude Barras
BLUE SPIRIT PRODUCTIONS, RITA PRODUCTIONS, GEBEKA FILMS(フランス/スイス)
審査員特別賞
『La Jeune Fille sans mains』Sebastien Laudenbach
LES FILMS SAUVAGES, PELLEAS FILMS(フランス)
クリスタル賞
『My Life As a Courgette』Claude Barras
BLUE SPIRIT PRODUCTIONS, RITA PRODUCTIONS, GEBEKA FILMS(フランス/スイス)

■ 短編部門
観客賞
『Peripheria』David Coquard-Dassault/AUTOUR DE MINUIT, SCHMUBY PRODUCTIONS(フランス)
審査員特別賞
『Moms on Fire』Joanna Rytel/ALTOFILM AB(スウェーデン)
Jean-Luc Xiberras賞
『An Ordinary Blue Monday Morning』Naomi Van Niekerk/NITA CRONJE(南アフリカ)
審査員賞
『Blind Vaysha』Theodore Ushev/NATIONAL FILM BOARD OF CANADA(カナダ)
クリスタル賞
『The Head Vanishes』Franck Dion
PAPY3D PRODUCTIONS, OFFICE NATIONAL DU FILM DU CANADA(カナダ/フランス)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • ディズニー最新作「モアナ」の世界が明らかに 仏アヌシーのプレゼンで初披露 画像 ディズニー最新作「モアナ」の世界が明らかに 仏アヌシーのプレゼンで初披露
  • 「ペット」ワールドプレミア、アヌシーの映画祭で開催、 観客大爆笑に監督も満足 画像 「ペット」ワールドプレミア、アヌシーの映画祭で開催、 観客大爆笑に監督も満足

特集