「甲鉄城のカバネリ」を荒木哲郎監督が語る 2016年春ノイタミナ大注目作品インタビュー | アニメ!アニメ!

「甲鉄城のカバネリ」を荒木哲郎監督が語る 2016年春ノイタミナ大注目作品インタビュー

インタビュー

「甲鉄城のカバネリ」を荒木哲郎監督が語る 2016年春ノイタミナ大注目作品インタビュー
  • 「甲鉄城のカバネリ」を荒木哲郎監督が語る 2016年春ノイタミナ大注目作品インタビュー
  • 「甲鉄城のカバネリ」を荒木哲郎監督が語る 2016年春ノイタミナ大注目作品インタビュー
  • 「甲鉄城のカバネリ」を荒木哲郎監督が語る 2016年春ノイタミナ大注目作品インタビュー
  • 「甲鉄城のカバネリ」を荒木哲郎監督が語る 2016年春ノイタミナ大注目作品インタビュー
産業革命直後。蒸気機関の発達した世界で、極東の島国、日ノ本(ひのもと)の人々は「駅」と呼ぶ砦を作り不死の怪物“カバネ”に対抗していた。駅を行き交うことができるのは「駿城(はやじろ)」と呼ばれる蒸気機関車のみ。ある日、主人公・生駒(いこま)が暮らす顕金駅に、駿城のひとつ「甲鉄城」が到着するーー。

フジテレビ・ノイタミナで放送されたTVアニメ『ギルティクラウン』から5年。一大ムーブメントを巻き起こしたTVアニメ『進撃の巨人』の大ヒットも記憶に新しい荒木哲郎監督とWIT STUDIOが再びオリジナルアニメーション作品を手がける。
TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』は荒木監督をはじめ、シリーズ構成に『コードギアス 反逆のルルーシュ』『革命機ヴァルヴレイヴ』の大河内一楼、キャラクター原案に『超時空要塞マクロス』の美樹本晴彦が参加する和製スチームパンク・アクション作品だ。
アニメ!アニメ!ではこの度、荒木監督に単独インタビューを敢行。企画の成り立ちから本作品にかける荒木監督の意気込みや見どころなどを語っていただいた。
[取材・構成:細川洋平]

『甲鉄城のカバネリ』
http://kabaneri.com/

■ アクションもので時代もの、“和製スチームパンク”はこう誕生した

ーまずは本作の企画に至った経緯を教えてください。

荒木哲郎監督(以下、荒木) 
ずっと一緒にやってきたWIT STUDIOの中武哲也、和田丈嗣とオリジナルをやりましょうと。その時の条件は“アクションアニメーターを主体にした作品”ということ。あとは自由にやらせていただきました。シナリオライターは『ギルティクラウン』の時にお互い満足できたという実感もあったので、大河内さんにお願いしようと決めていました。

ーまずは4人が集まったと。

荒木 
そうです。そこから女性キャラクターが活躍するアクションものをイメージしました。小山ゆうさんの『あずみ』のような少女剣士ものが、念頭にありました。さらに主人公は過去にトラウマを抱えた男子にしました。負け犬がリベンジする話と決めました。
自分の得意なものを混ぜるなかで、今のかたちになっていきました。俺やWIT STUDIOには最先端な目新しいものでなく、王道が向いているだろうというのもあります。王道のよさが見える企画です。


ーたしかに時代物というジャンルはオリジナル企画としてかなり珍しいですね。

荒木 
時代物のファンタジーにすると、リアルな世界では「そんな人間いないよ」と突っ込んでしまう話も自然に見ることができるんです。それに同じクールで放送される作品に競合がいない場所まで行かなければと思い、王道で普遍的なものという大きなスローガンを掲げました。

ー“和製スチームパンク”という言葉も目新しいですね。これは早い段階で決まったのでしょうか。

荒木 
戦闘するヒロインが次々と敵をなぎ倒す話がまずありました。次に敵を考えました。ヒロインが倒しても殺人にならずに、かつ倒すことに爽快感がある存在。それで、ゾンビに。それが決まるのと同じタイミングで産業革命という時代も決まり、“時代物でゾンビもの”という枠ができました。
その時に俺が「移動要塞で逃げる話にしよう」と言ったんです。例えばトレーラーで逃げるのはゾンビものの定番です。ファーストガンダムのホワイトベースみたいな雰囲気も頭にありました。その中での人間関係や葛藤が、徐々に育まれていく話です。
時代設定から移動要塞は蒸気機関車ということになって、その瞬間に“和製スチームパンク”という呼び名が降ってきました(笑)。“和製スチームパンク”は、俺が決めたわけじゃなくて、結果としてそういうレッテルが貼りやすくなった。

ー移動要塞ということはロードムービー的な、主人公たちがいろいろな駅(都市)を訪れていくという物語になるのでしょうか。

荒木 
物語の大きい輪郭としては“金剛閣”という終着駅に行く話ですね。その中に鬱憤を抱えている主人公の男の子がいて、少女との出会いをきっかけにして運命的な選択をする。

《細川洋平》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「甲鉄城のカバネリ」 渋谷にて不死の怪物“カバネ”になれる特製マスク配布 画像 「甲鉄城のカバネリ」 渋谷にて不死の怪物“カバネ”になれる特製マスク配布
  • 畠中、千本木、内田、増田、梶、宮野が登壇!特別先行版『甲鉄城のカバネリ 序章』舞台挨拶レポート 画像 畠中、千本木、内田、増田、梶、宮野が登壇!特別先行版『甲鉄城のカバネリ 序章』舞台挨拶レポート

特集