最優秀ラジオ大賞は10年目を迎えるあのラジオ! 第2回アニラジアワード授賞式レポート | アニメ!アニメ!

最優秀ラジオ大賞は10年目を迎えるあのラジオ! 第2回アニラジアワード授賞式レポート

イベント・レポート

最優秀ラジオ大賞は10年目を迎えるあのラジオ! 第2回アニラジアワード授賞式レポート
  • 最優秀ラジオ大賞は10年目を迎えるあのラジオ! 第2回アニラジアワード授賞式レポート
  • 最優秀ラジオ大賞は10年目を迎えるあのラジオ! 第2回アニラジアワード授賞式レポート
  • 最優秀ラジオ大賞は10年目を迎えるあのラジオ! 第2回アニラジアワード授賞式レポート
  • 最優秀ラジオ大賞は10年目を迎えるあのラジオ! 第2回アニラジアワード授賞式レポート
  • 最優秀ラジオ大賞は10年目を迎えるあのラジオ! 第2回アニラジアワード授賞式レポート
  • 最優秀ラジオ大賞は10年目を迎えるあのラジオ! 第2回アニラジアワード授賞式レポート
  • 最優秀ラジオ大賞は10年目を迎えるあのラジオ! 第2回アニラジアワード授賞式レポート
  • 最優秀ラジオ大賞は10年目を迎えるあのラジオ! 第2回アニラジアワード授賞式レポート
2016年3月27日(日)、東京ビッグサイトで実施されたAnimeJapan 2016にて、「第2回アニラジアワード」が開催された。優れたアニメ関連ラジオを顕彰する催しだ。
地上波ラジオでスタートしたアニラジだが、今やインターネット上でも多数の番組が放送を開始している。そんなアニラジをより多くの人に知ってもらおうと、2015年に「第1回アニラジアワード」が開催された。今回の「第2回アニラジアワード」は、2015年から開始した番組だけでなく、それ以前からの番組もノミネート対象となるなど、昨年よりも大幅にパワーアップした。

壇上には、まずは司会進行を務める松澤千晶が登場。授賞式が開始された。賞は「大笑いラジオ賞」「ためになるラジオ賞」「癒しラジオ賞」「企画ラジオ賞」「Hなラジオ賞」「最優秀男性ラジオ賞」「最優秀女性ラジオ賞」、そして「最優秀ラジオ大賞」の8部門となっている。「最優秀ラジオ大賞」以外は、2015年以降からの「新人の部」とそれ以前からの「一般の部」に分かれている。

まずは、聞いていると笑いが止まらなくなるラジオ「大笑いラジオ賞」。「新人の部」には、「TVアニメ『おそ松さん』WEB ラジオ シェーWAVE おそ松ステーション」、「一般の部」には「えとたまらじお~ソルラルくれにゃ!~」が選ばれた。
続いての、聴いていると色々と勉強になる「ためになるラジオ賞」は、「新人の部」が「浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド」、「一般の部」が「『よんでますよ、アザゼルさん』&『よんでますよ、アザゼルさん。Z』応援 Webラジオ きいてますよ、アザゼルさん。G」、もっともえっちな「えっちなラジオ賞」は、「新人の部」は「下ネタという概念が存在しない退屈なラジオ」、「一般の部」は「夜中メイクが気になったから」が受賞した。
そして、聴いていると心から癒される「癒しラジオ賞」は、「新人の部」が「のんのんびよりうぇぶらじお のんのんだより りぴーと!なのん」、「一般の部」が「ラジオ七つの大罪 <豚の帽子>亭ホークトーク」、リスナーとともに面白さを生み出している「企画ラジオ賞」は、「新人の部」が「ユニゾン!」、「一般の部」が「ゆりゆららららゆるゆり放送室」と、トロフィー授与やコメント、ビデオメッセージを挟みながら、続々と発表された。

ハイテンションな挨拶が続く中、授賞式も後半戦へ。男性出演者が出ている番組でもっとも面白い「最優秀男性ラジオ賞」は、「新人の部」が「ワンパンマン 正義執行!マジラジオ!」、「一般の部」が「神谷浩史・小野大輔の Dear Girl~Stories~」、女性出演者が出ている番組でもっとも面白い「最優秀女性ラジオ賞」は、「新人の部」が「石上静香と東山奈央の英雄譚RADIO」、「一般の部」が「洲崎西」となった。

そして最後は、受賞者たちがステージ上に勢ぞろいする中、最もみんなが癒されて笑えてえっちで勉強になる面白い「最優秀ラジオ大賞」が発表された。
受賞したのは、「神谷浩史・小野大輔の Dear Girl~Stories」。10年目を迎える番組が大賞を取るという、リスナーからの強い愛を感じさせる結果となった。
最後は、観客の大きな拍手でイベントは終了となった。
《月乃雫》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「アニラジアワード」第2回開催決定 AnimeJapan 2016で結果発表 画像 「アニラジアワード」第2回開催決定 AnimeJapan 2016で結果発表
  • 大賞に「ノーラジオ・ノーライフ」 第1回アニラジアワード表彰式レポート 画像 大賞に「ノーラジオ・ノーライフ」 第1回アニラジアワード表彰式レポート

特集