4年ぶりの第5期を控える「夏目友人帳」スペシャルステージ AJ2016

イベント・レポート アニメ

3月26日(土)、AnimeJapan 2016の第1日目に『夏目友人帳』スペシャルステージが開催された。緑川ゆきのマンガを原作に、2008年に同名タイトルでTVアニメ化。その高い人気を受け、2009年に『続 夏目友人帳』、2011年に『夏目友人帳 参』、2012年に『夏目友人帳 肆』が放送、2016年の10月からは、4年ぶりとなる第5期『夏目友人帳 伍』の放送が決定している。

今回のステージでは、主人公である夏目貴志を演じる神谷浩史と、妖怪・ニャンコ先生を演じる井上和彦が登壇した。第5期放送を間近に控えた2人の意気込みにつづき、原作者の緑川ゆき、第4期までの監督であり第5期では総監督を務める大森貴弘、そして第5期から新たに監督を務める出合小都美から届いたコメントが2人によって朗読された。
また他のキャスト陣からのビデオメッセージのコーナーも。田沼要役の堀江一眞、西村悟役の木村良平、北本篤史役の菅沼久義、的場静司役の諏訪部順一、名取周一役の石田彰と男性キャスト陣がそれぞれ個性的なメッセージを語り、会場の笑いを誘った。

神谷と井上から第5期に向けての熱いいきごみが語られ、作品への期待が高まったところで、放送が待ちきれないファンにはうれしい新情報の発表が。
『夏目友人帳 参』『夏目友人帳 肆』をまとめた「夏目友人帳」Blu-ray Disc BOX 2が2016年6月29日(水)に発売されるという。本編全26話に加え、2013年に上演された音楽劇「SOUND THEATRE × 夏目友人帳 ~集い 音劇の章~」の模様も収録されるという。さらに特典のなかには、2016年10月1日(土)に開催される『夏目友人帳 伍』第1話先行上映イベントのチケット優先販売申込券も封入される。神谷浩史、井上和彦、堀江一眞が出演するということで、ファンにとってはうれしいイベントだ。

また作品関係者の選んだ思い入れのあるシーンの上映も行われた。懐かしの名シーンの連続に、会場からは溜息がもれる声も聞こえる。壇上の2人も当時の思い出を楽しげに語った。
4月5日(火)からはテレビ東京にて毎週、第1期から第4期のなかから選りすぐりエピソードが放送されるという。第5期放送までにシリーズを振り返るにはうってつけの企画だ。

そして最後に、イベント当日3月26日が誕生日であった井上のバースデイサプライズが。会場からの「お誕生日おめでとう!」コールとともに、にゃんこ先生型のキャラクターケーキが運ばれきたのだ。そうして温かい空気に包まれたまま、2人からのメッセージでイベントは幕を下ろした。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《深井孔》

関連ニュース

特集