「刀剣乱舞」から「あらいぐまラスカル」まで 伝統工芸とアニメのコラボに来場者多数 | アニメ!アニメ!

「刀剣乱舞」から「あらいぐまラスカル」まで 伝統工芸とアニメのコラボに来場者多数

イベント・レポート

「刀剣乱舞」から「あらいぐまラスカル」まで 伝統工芸とアニメのコラボに来場者多数
  • 「刀剣乱舞」から「あらいぐまラスカル」まで 伝統工芸とアニメのコラボに来場者多数
  • 「刀剣乱舞」から「あらいぐまラスカル」まで 伝統工芸とアニメのコラボに来場者多数
  • 「刀剣乱舞」から「あらいぐまラスカル」まで 伝統工芸とアニメのコラボに来場者多数
  • 「刀剣乱舞」から「あらいぐまラスカル」まで 伝統工芸とアニメのコラボに来場者多数
  • 「刀剣乱舞」から「あらいぐまラスカル」まで 伝統工芸とアニメのコラボに来場者多数
  • 「刀剣乱舞」から「あらいぐまラスカル」まで 伝統工芸とアニメのコラボに来場者多数
  • 「刀剣乱舞」から「あらいぐまラスカル」まで 伝統工芸とアニメのコラボに来場者多数
  • 「刀剣乱舞」から「あらいぐまラスカル」まで 伝統工芸とアニメのコラボに来場者多数
3月26日、27日に東京ビッグサイトにて開催されたAnimeJapan 2016。会場内に設置された「プレミアムコラボレーション」ブースでは、数々のアニメ作品と、日本が誇る伝統芸能のコラボレーションアイテムが展示されていた。
「伝統工芸×アニメ」と題した本コーナーでは、AnimeJapan 2016でしか手に入らない特別なグッズが多数登場。ひとつひとつ手作りで製作しているため、展示はこの会場のみ。貴重な機会とあって、展示品をひとつずつ丁寧に写真撮影する来場者も多く見受けられた。

ブース内で特に目立っていたのが、『アイドルマスター シンデレラガールズ』と岐阜県・岐阜傘のコラボによって生まれた2種類の和傘だ。こちらは小早川紗枝バージョンと、作中で印象的に扱われていた時計を模した「夢のへ」バージョンとなっている。
どちらも傘が開かれた状態での展示であり、ブースへ入った人の目に、真っ先に飛び込んでくる配置となっていた。

また、和傘の周りを囲むようにそのほかの作品も展示されていた『あらいぐまラスカル』はラスカルと花の模様をあしらった香川漆器となって登場。かわいらしい温かみのある小皿で、『あらいぐまラスカル』の世界観ともマッチしていた。
さらに社会現象とまで言われている『おそ松さん』もこの企画に参加しており、京都が誇る京友禅とコラボしたハンカチが展示されていた。ハンカチにはデフォルメされた6つ子たちと、ドットで表現された松の絵柄が入っている。コミカルな一面と美しさが同居した逸品だ。
同じく京都の京くみひもとコラボしたのは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』。鉄華団やギャラルホルンをイメージしたストラップは、普段使いしやすいデザインが特徴である。

さらに会場でひときわ多くの観衆を集めていたのが、『刀剣乱舞』と宮城県・玉虫塗がタッグを組んだことで実現した手鏡だ。手鏡は加州清光Ver.、鶯丸Ver.、歌仙兼定Ver.の3種類が存在し、並んで展示されることで美しさも強調されていた。
『刀剣乱舞』はAnimeJapan 2016でアニメ化が発表されたばかり。そんな話題性も手伝ってか、特に女性ファンが並んで写真を撮る姿もあった。

そのほかにも、『装甲騎兵ボトムズ』『NARUTO-ナルト-』『Fate/Grand Order』『文豪ストレイドッグス』など、最新アニメから定番作、アニメを中心としたゲーム作品までが登場し、伝統工芸とのコラボレーションを披露していた。
これらのアイテムは購入も可能で、ブース内で受注受付を行っていた。高いものでは16,800円(税込)もする商品もあったが、受付の列が途絶えることはなかった。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • アニメはこうして誕生する スタジオ地図ブースは細田守作品から制作現場を再現 AJ2016 画像 アニメはこうして誕生する スタジオ地図ブースは細田守作品から制作現場を再現 AJ2016
  • 変わり続ける新海誠の世界、多彩な作家陣 AJ2016のコミックス・ウェーブブースが見逃せない 画像 変わり続ける新海誠の世界、多彩な作家陣 AJ2016のコミックス・ウェーブブースが見逃せない

特集