アニメシーンを賑わせたアイテムが一堂に 「コラボ10選」がAnimeJapan2016に

イベント・レポート

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
3月26日、27日の2日間、東京ビッグサイトにて開催されたAnimeJapan 2016。その一角には、プレミアムコラボレーションと題したブースが設置され、来場者の目を引き付けていた。
このブースでは、アニメと異業種の新しいコラボレーションを紹介するもので、さまざまなテーマをもとにしたグッズの数々が並んでいた。中でも大掛かりなグッズでスペースを取っていたのが「コラボ10選」のコーナーだ。

「コラボ10選」とは、これまでに行われてきたコラボレーションを振り返ることのできるコーナーで、その名の通りアニメ業界を騒がせた10通りのグッズが展示されていた。
入り口付近には、『ラブライブ!』と青森ねぶた祭のコラボレーションによって実現した、μ'sのメンバー9人をモデルにしたねぶたが出迎える。その圧倒的な存在感に観衆の目もくぎ付けで、写真を撮るために立ち止まる人も多く見受けられた。

そしてブース内に入ると、残る9個のコラボレーションがずらりと並ぶ。まず目に入ったのは、『機動戦士ガンダム』とトヨタ自動車が展開した「AURIS」の限定モデルだ。シャア専用を思わせる色使いとフォルムが特徴で、こちらも『ラブライブ!』と同じく本コーナーの大きな存在よなっていた。
『機動戦士ガンダム』からはもうひとつ、相模屋食料とコラボしたトリプル・ドム豆腐も展示。ザク豆腐など立て続けにコラボレーションを行い話題になっていたが。トリプル・ドム豆腐はその最新作となる。

続いて『甘城ブリリアントパーク』『のうりん』『ガールズ&パンツァー』の3作品と、J2リーグの東京ヴェルディ、FC岐阜、水戸ホーリーホックのコラボレーションも紹介されていた。「アニ×サカ!!」というタイトルのもと、アニメ作品同士でのダービーマッチや物販などを展開し、サッカーを盛り上げた。
『黒執事』とSHARPが共同で生み出したロボット掃除機「COCOROBO」もブースに登場。小野大輔演じるセバスチャンの録り下ろしボイスを収録した掃除機で、掃除とともにコミュニケーションも楽しめる代物だ。
その隣には『攻殻機動隊』の25周年を記念して製作された、INDEPENDENTとのオフィシャルコラボクロノグラフ。世界限定2,500点のみの販売となった貴重な商品だ。

ファンのとって記憶に新しいであろう『進撃の巨人』とセブンイレブンとのコラボレーション案件も紹介されていた。さまざまなグッズ販売などを行った一大キャンペーンだったが、会場にはその中から特に注目を集めた、エレン、リヴァイの等身大フィギュアが登場。
さらに『NARUTO-ナルト-』と浮世絵のコラボ、『ちびまる子ちゃん』とコミカミノルタのコラボも展開。『ちびまる子ちゃん』は星空のドームにまる子たちのフルCGアニメーションを描き出すという、話題性だけでなく、技術的にも画期的な試みだった。『NARUTO-ナルト-』に関しても、職人が1枚ずつ仕上げる完全受注生産品としてファンの間で話題となった。

そして最後に、『幕末Rock』とローリングストーンズの「リップ&タン」がコラボするという斬新な企画も改めて紹介されていた。
会場にはTシャツやバッグなどの限定グッズが展示。こちらはアニメ作品としての『幕末Rock』にとって初のコラボレーションとしても話題になった。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《ユマ》

編集部おすすめのニュース

特集