変わり続ける新海誠の世界、多彩な作家陣 AJ2016のコミックス・ウェーブブースが見逃せない

イベント・レポート

コックス・ウェーブブース
  • コックス・ウェーブブース
  • コックス・ウェーブブース
  • コックス・ウェーブブース
  • コックス・ウェーブブース
  • コックス・ウェーブブース
  • コックス・ウェーブブース
2016年夏に、新海誠監督の大作映画『君の名は。』が全国公開される。そのアニメーション制作は、ファンにはお馴染みのコミックス・ウェーブ・フィルムが担当する。
3月26日、27日、東京ビッグサイトで開催されているAnimeJapan 2016のメインエリアでは、コミックス・ウェーブ・フィルムがブース出展を行った。例年を上回る規模のブースでは、『君の名は。』はもちろんこれまでに新海誠作品を一挙に紹介していた。
なかでも目を惹いたのが正面に設けられた大型スクリーン。ここでは新海作品の過去作品の名場面を上映していた。年月と共に、新海誠作品が様々に変化していることが分かる。『君の名は。』への期待を高めるのにも十分だ。

コミックス・ウェーブ・フィルムのブースが、今年一際大きかったのは、『君の名は。』の公開だけが理由でないかもしれない。同社が製作する作品のラインナップが、長年の歴史の中で確実に拡大しているためだ。
なかでも「Peeping Life」シリーズは、タツノコプロや手塚プロダクションとコラボレーションを大きく紹介して印象的だ。山本蒼美を監督に、その独自のBLの世界を描きだす「この男子。」シリーズも代表作のひとつ。最新作『この男子、魔法がお仕事です。』の極彩色なビジュアルが異彩を放つ。そうしたコミックス・ウェーブ・フィルムを一挙に楽しめるコーナーも設けられた。

そして、新海誠監督の過去作『彼女と彼女の猫』を短編テレビシリーズとした『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』も紹介されている。こちらも見落とさないようにしたい。
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集