「刀剣乱舞」ダブルアニメ化発表 キャスト陣登壇のステージイベントをレポート【AJ 2016レポート】

ニュース

「刀剣乱舞」ダブルアニメ化発表 キャスト陣登壇のステージイベントをレポート【AJ 2016レポート】
  • 「刀剣乱舞」ダブルアニメ化発表 キャスト陣登壇のステージイベントをレポート【AJ 2016レポート】
  • 「刀剣乱舞」ダブルアニメ化発表 キャスト陣登壇のステージイベントをレポート【AJ 2016レポート】
  • 「刀剣乱舞」ダブルアニメ化発表 キャスト陣登壇のステージイベントをレポート【AJ 2016レポート】
  • 「刀剣乱舞」ダブルアニメ化発表 キャスト陣登壇のステージイベントをレポート【AJ 2016レポート】
  • 「刀剣乱舞」ダブルアニメ化発表 キャスト陣登壇のステージイベントをレポート【AJ 2016レポート】
3月25日から27日にわたり、「AnimeJapan 2016」が東京ビッグサイトで開催中だ。一般来場者向けのメインエリアは26日からの開場となり、多くのアニメファンで賑わいを見せている。
会期中に数多くのステージイベントが催されることで知られる「AnimeJapan 2016」。本稿では、REDステージのスタートを飾った『刀剣乱舞-ONLINE-』ステージの様子をお届けする。

イベントが始まると、本作の顔とも言える三日月宗近役の鳥海浩輔がキャラになりきって登場。続いて山姥切国広役の前野智昭、歌仙兼定役の石川界人、蜂須賀虎徹役の興津和幸、陸奥守吉行役の濱健人、大和守安定役の市来光弘が姿を見せた。
さらに、サプライズゲストとして加州清光役の増田俊樹も登場。客席からは黄色い歓声が上がり、その人気の高さを窺わせた。

DMMゲームズのエグゼクティブプロデューサー・花澤雄太と、ニトロプラスの原作プロデューサー・でじたろうも登壇。サービス開始してから1周年を迎えた本作に対して、花澤は「審神者(プレイヤー)の皆さんに支えられているコンテンツ。これからも、皆さんに喜んでもらえるように取り組みたい」とコメントした。

キャスト陣によるトークパートでは、自身が演じるキャラについて、それぞれアフレコ当時を振り返った。
鳥海は戦闘ボイスについて「あまり声を張り上げるキャラではないので難しかった」と話しつつも、演じていて楽しいキャラであるとトーク。
「ちょっと後ろ向きだけど、戦闘時の勢いのあるセリフが好き」と前野。石川は「『雅じゃないなぁ』と言いながらも、それが似合ってしまうのが不思議」と歌仙兼定の魅力に触れた。

興津が「皆さんにお聞きしたい。真作と贋作、どちらが好きですか?」と客席に問いかける一幕もあり、続く濱は「僕が高知県出身なので、セリフに関してはより土佐弁っぽくなるように相談もさせて頂きました」と陸奥守吉行のキャラ作りに関するエピソードを披露。

穏やかな見た目だが、戦闘では一転した激しさを見せる大和守安定を演じた市来は「台本をもらった時、戦闘シーンだけ別の人のが混ざったんじゃないか?」と思ったそうだ。
増田は、加州清光の「つーかーれーたー」というセリフがお気に入りだという。「スタジオの機器が故障してしまい、急遽自転車で1時間くらいの場所で収録をすることになった」と明かし、本当に疲れていた状態で収録したため、忘れられない一言になったと話した。

トークが終了すると、ここで発表があると花澤。ステージ上のスクリーンには、加州清光と大和守安定がメインビジュアルを飾る『刀剣乱舞-花丸-』と、三日月宗近が大きく描かれた『刀剣乱舞』のダブルでアニメ化が決定したと映し出された。
『刀剣乱舞-花丸-』は2016年10月放送の予定で、製作を担当するのは動画工房。一方の『刀剣乱舞』はufotableが製作し、2017年に放送予定とのことだ。
でじたろうは「今までミュージカルや舞台など、色んな形で『刀剣乱舞』を表現してきた。やはり、アニメ化も進めてみたいという思いがあった」と想いの丈を語り、会場は大きな拍手に包まれた。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア:2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア:2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所:東京ビッグサイト
《キャプテン住谷》

編集部おすすめのニュース

特集