電撃文庫 新作発表ステージに「魔法科高校」劇場版や「エロマンガ先生」 中村悠一、早見沙織らゲスト | アニメ!アニメ!

電撃文庫 新作発表ステージに「魔法科高校」劇場版や「エロマンガ先生」 中村悠一、早見沙織らゲスト

イベント・レポート

「ゲームの電撃 感謝祭2016」&「電撃文庫 春の祭典2016」&「電撃コミック祭2016」が、3月13日(日)、ベルサール秋葉原と秋葉原UDXを会場に開催された。
そのUDXステージのフィナーレは「電撃文庫 新作発表ステージ」。インターネットラジオ「うぇぶらじ@電撃文庫」のパーソナリティである、うえむらちか、三澤紗千香、そして電撃文庫編集長の三木一馬をMCに、豪華ゲストを招いて行われる電撃文庫のメディアミックス紹介ステージとなった。

はじめにその日のイベントで発表された情報をおさらいしたのち、さらに新情報が発表された。
一つめは、電撃文庫×セガプロジェクト、『とある魔術の禁書目録』×『電脳戦機バーチャロン』スペシャルコラボ企画についてである。すでに電撃文庫新刊でも予告され話題を呼んだ鎌池和馬による『とある魔術の電脳戦機』が紹介された。
イラストはメカデザイナー・カトキハジメが担当する。これについてゲストに登場したセガの亙重郎プロデューサーは、プロジェクト参加のきっかけはカトキがTVアニメ『とある科学の超電磁砲』を好きだったからだとか。

二つめは、『エロマンガ先生』アニメ化の続報だ。伏見つかさ×かんざきひろという、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のコンビによる最新ライトノベル『エロマンガ先生』のアニメ化が、3月10日発売の第6巻の帯で明かされた。
今回はそれを受けてシークレットゲストとして、ヒロインであるエロマンガ先生こと和泉紗霧役の声優・藤田茜が登場した。スクリーンに設定画を映しながら作品の世界観やキャラクターを紹介、「こんな大画面でエロエロ言ってるを見るとちょっと……」と語り会場の爆笑を呼んだ。
また途中アニプレックスの柏田真一郎プロデューサーも登壇。アニメーション制作はA-1 picturesが担当することを明かした。

発表の最後は、『魔法科高校の劣等生』の劇場映画化のついてである。完全新作となるだけに注目も高いが、会場では初公開となるティザーPVを上映、それに続いて、シークレットゲストとして司波達也役の中村悠一、司波深雪役の早見沙織が登壇した。
中村は登場早々「本日は劇場版『俺の妹がこんなに可愛い……』」と切り出し笑いまで誘った。2014年4月から9月にかけてテレビ放送された『魔法科高校の劣等生』の世界観やキャラクターを振り返ったのち、二人から劇場版へ向けたコメント。まだどの時系列を描く作品になるのかは未定だが、早見は「迫力のある戦闘シーンや音楽を劇場で楽しめるのがうれしいです」と劇場版に込める期待を語った。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 渡航原作アニメ「ガーリッシュ ナンバー」 ヒロイン発表!千本木彩花、本渡楓、石川由依 画像 渡航原作アニメ「ガーリッシュ ナンバー」 ヒロイン発表!千本木彩花、本渡楓、石川由依
  • TVアニメ「この美術部には問題がある!」2016年7月放送開始 東山奈央、水樹奈々もキャストに 画像 TVアニメ「この美術部には問題がある!」2016年7月放送開始 東山奈央、水樹奈々もキャストに

特集