渡航原作アニメ「ガーリッシュ ナンバー」 ヒロイン発表!千本木彩花、本渡楓、石川由依

イベント・レポート

テレビアニメ『ガーリッシュ ナンバー』のスペシャルステージが、3月13日(日)の「電撃文庫 春の祭典2016」にて開催された。この場で、本作の新情報が明らかにされた。
『ガーリッシュ ナンバー』は、アイドル声優のお仕事物語となっている。『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の原作者・渡航と、『ガールフレンド(仮)』のキャラクター原案・QP:flapperがタッグを組んだ。

当日は会場となったベルサール秋葉原に、多くのファンが詰めかけた。イベントスタートと同時に渡先生が颯爽と登場。初めてMCを務めるとは思えないほどの軽妙なトークで会場の空気を掴んだ。
イベントに先駆けてTwitterで募集された渡先生への質問がスクリーンに映し出されると、会場は爆笑。「好きなラノベレーベルはどこですか?」や「シャンプーは何をお使いですか?」と言ったおふざけの入った質問たちをひねりの効いた解答で次々と笑いに変えていった。小さな言葉遣いに作家のセンスが見え、ファンにはたまらないひとときとなった。

続いて、いよいよメインキャストの呼び込みへ。ヒロイン烏丸千歳を演じるのは千本木彩花さん、久我山八重を演じるのは本渡 楓さん、片倉 京を演じるのは石川由依さん。発表とともに大きな拍手に包まれながら3人は登場した。
渡先生から自身が演じる役の印象をたずねられると、千本木さんの口からは千歳がブラックな部分の多い女の子であることが明かされた。本渡さん演じる八重は、“あざとい”を入口に最終的にはかわいいに落ち着く少女だと言うことがわかった。石川さんが演じる京は関西出身のお姉さんとのこと。石川さんは「3人の中で一番まともかも……」と苦笑いを浮かべ会場の笑いを誘った。

次に、本作がアイドル声優のお仕事の物語ということで、声優業界ならではの「あるある」を打ち明けるコーナーへ。同じ場所にさまざまな年齢が集まって仕事をすることや、あいさつの際に所属事務所名を必ず付けることなど、業界あるあるを元にトークが展開――のはず。
が、いつの間にかただの「あるある」話へ変わって行き、「電車ではひとつ空けて座席に座る」ということを千本木さんは「なぜかそうしちゃいますよね?!」と力説した。“電車の座席”という言葉に触発されたのか、渡先生は「隣に女性が座ってくれると存在を認めてもらえた気がしてうれしいんですよ!」と、観客を爆笑させた。

最後に千本木さん、本渡さん、石川さんからそれぞれ本作に対する意気込みが語られると、キャストと共にイベントを盛り上げた渡先生は「これからも『ガーリッシュ ナンバー』を盛り上げていきたいと思いますので、よろしくお願いします!」とコメントし、大盛況のイベントを締めくくった。
テレビアニメ『ガーリッシュ ナンバー』はTBS、BS-TBSにて放送がスタート。3月13日より公式サイトもオープンし、情報を発信する。
[細川洋平]  

TVアニメ『ガーリッシュ ナンバー』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/anime/gn/
《細川洋平》

編集部おすすめの記事

特集