スタジオジブリの独自技術も搭載 ドワンゴがアニメ制作ソフト「OpenToonz」を無料公開

ニュース

ドワンゴは、2016年3月26日(日)よりアニメーション制作ソフトOpenToonzを無償公開することを明らかにした。ドワンゴがイタリアに拠点を持つDigitalVideo社からアニメーション制作ソフトToonzを買収し、OpenToonzとして公開するものだ。
OpenToonzには、長年Toonzを利用してきたスタジオジブリが独自に開発した機能であるToonz Ghibli Editionも含まれる。オープンソースソフトウェアとして公開することで、無料で使えるだけでなく、誰でも改良を加えることも可能になる

今回の買収について、ドワンゴとDigitalVideoの両社は、ドワンゴが「Toonz」を元にしたオープンソースプラットフォームを開発し公開するという条件のもと合意している。それが無償公開につながっている。
ドワンゴはOpenToonzを通じ、アニメーション制作に対する学術研究と、映像産業が活発に連携できるよう環境を整えていく狙いを持っていると説明する。

OpenToonzの元となったToonzは、イタリア・ローマのDigitalVideo社が独自開発した。スタジオジブリ作品では1995年の『もののけ姫』制作時よりこれを利用している。さらに『借りぐらしのアリエッティ』以降のほぼすべての作品では、仕上げ、色指定、撮影工程で使用されている。スタジオジブリのアニメーション制作では不可欠のソフトになっている。
オープンソースソフトウェアには、ジブリが独自に開発した機能Toonz Ghibli Editionだけでなく、さらに追加機能が載せられる。ドワンゴの人工知能技術を生かしたエフェクトや、誰もがエフェクトを追加できる機能などだ。より使いやすい形としてリリースする。

またソフトウェアについて詳しく学べる機会が設けられる。2016年3月26日(土)、27(日)に東京ビッグサイトで開催されるアニメ総合イベントAnimeJapan 2016にて、「OpenToons」の展示と説明会をKADOKAWAブースにて実施する。この場で実際にソフトウェアを体験することも可能だ。
さら26日のクリエイションステージでは、「アニメーション制作ツールのオープンソースプロジェクトについて」と題してセミナーを行う。イベントには、ドワンゴ会長・川上量生のほか、「OpenToonz」について共同研究を行っている東京大学大学院の岩澤駿助教、特別ゲストとしてスタジオジブリの奥井敦氏が登壇する。
《沖本茂義》

編集部おすすめの記事

特集