TVアニメ「バッテリー」AnimeJapan 2016に出展 ブースで生原画を展示

ニュース

2016年7月からのテレビアニメ化が決定した『バッテリー』が、早くも東京ビッグサイトで開催されるAnimeJapan 2016に出展する。開催期間のうち26日、27日にメインエリアの設けられたブースに登場予定だ。
『バッテリー』が展開するのはANIPLEXブース、KADOKAWAブース、ノイタミナショップブースの3つ。望月智充監督などメインスタッフやキャストのメッセージが書かれた特製フライヤーの配布する。ANIPLEXブースでは、メインスタッフとキャストによるスペシャルサイン色紙や、キャラクターデザインと総作画監督を担当する草間英興の原田巧、永倉豪の原画も展示するバッテリーコーナーが登場する。

『バッテリー』は、作家あさのあつこの傑作青春小説を原作にしている。1996年に刊行を開始、2005年の完結まで角川文庫から6巻が発売された。累計発行部数は1000万部を突破する。才能豊かだが自信家のピッチャー原田巧とキャッチャー永倉豪のバッテリーを描く。
これまでにマンガ化されたほか、映画やテレビドラマにまった。初のテレビアニメ化は3月17日に開催された「ノイタミナプロジェクト発表会」で告知され、大きな話題となった。

『バッテリー』
(C)2016あさのあつこ・角川文庫刊/アニメ「バッテリー」製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集