劇場版「牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐」5月21日より公開 AnimeJapan 2016も牙狼一色に

ニュース

(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • (C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • (C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
雨宮慶太が生み出したヒーロー『牙狼〈GARO〉』の10周年を記念して制作される劇場版『牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐』。その公開日が5月21日に決定した。上映劇場は新宿バルト9他を予定している。

本作は、シリーズ初のアニメ作品として2014年秋から放送中のテレビアニメ『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』から4年後を描いた完全新作。テレビアニメ版を楽しんでいる人にとっては、特に見逃せない作品だ。
監督は『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』に引き続き林祐一郎、脚本には『進撃の巨人』や『ジョジョの奇妙な冒険』などを生み出した小林靖子を起用した。さらにアニメーション制作はアクション・サスペンス・ドラマなどさまざまなジャンルを描くMAPPAが担当と、磐石の布陣で制作が進んでいる。

公開日が決まったことを受けて、チケットの販売スケジュールも明らかに。3月26日より、公開劇場にて販売開始全国共通特別鑑賞券の販売がスタートする。
前売り券にはポスタービジュアルのクリアファイルが付き、2種のうち好きなほうを選べる。ポスタービジュアルはいずれも主人公のレオン・ルイスを印象的に描いたもので、どちらを選ぶか、多くのファンが悩むことになりそうだ。

さらに開催を来週に控えるAnimeJapan 2016の東北新社ブースでは、『牙狼〈GARO〉』10周年を記念した特別展示が行われる。
ブース内では、歴代黄金騎士や魔戒騎士の鎧や魔戒法師の衣装、道具や、ホラーなど、貴重なものを展示。さらに最新作「牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-」の映像も視聴できるという。
会場にて映画の前売鑑賞券も販売。AnimeJapan特典として、ポスター1弾、2弾が2種セットで先着プレゼントされるという。ただし、こちらにはクリアファイルは特典として付いてこないので、どのグッズがほしいか、じっくり考えたうえで購入が必要だ。

『牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐』
5月21日公開
(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
《ユマ》

編集部おすすめのニュース

特集