「マルドゥック」シリーズ10年ぶりの新作 冲方丁「マルドゥック・アノニマス」3月24日刊行 | アニメ!アニメ!

「マルドゥック」シリーズ10年ぶりの新作 冲方丁「マルドゥック・アノニマス」3月24日刊行

ニュース

冲方丁が手がけるSF小説「マルドゥック」シリーズ最新作『マルドゥック・アノニマス 1』の発売が決定した。3月24日に早川書房・ハヤカワ文庫JAより刊行される。人気シリーズの完全新作が10年ぶりに登場する。

「マルドゥック」シリーズは2003年にシリーズ第1作『マルドゥック・スクランブル』が刊行された。特別な科学技術によって一命を取り留めた少女娼婦・バロットの活躍を描くサイバーパンクSFとして人気を博し、第24回日本SF大賞を受賞した。その後もシリーズを重ね、累計発行部数は70万部を超えている。
2010年から12年にかけて劇場アニメ3部作も公開された。アニメーション制作は「K」シリーズなどを手がけたGoHandsが担当。バロット役に林原めぐみ、万能兵器のネズミ・ウフコック役に八嶋智人を起用するなど、豪華なキャスト陣も話題となった。

最新作『マルドゥック・アノニマス 1』のカバーイラストは、これまでのシリーズと同様に寺田克也が描き下ろした。本作は『マルドゥック・スクランブル』から2年後が舞台。自らの人生を取り戻したバロットは勉学の道に進み、ウフコックは新たなパートナーのロックと事件解決の日々を過ごしていた。
ある日、ウフコックに企業の内部告発者ケネス・C・Oの保護依頼が持ち込まれる。調査に向った彼は都市の新勢力・クインテットと出会う。それは悪徳と死者をめぐる最後の遍歴の始まりであった……。

冲方丁は1977年生まれ。1996年に『黒い季節』でスニーカー大賞金賞を受賞してデビュー。2003年には史上最年少で日本SF大賞を受賞した。アニメの脚本も数多く手がけており、代表作に「蒼穹のファフナー」シリーズや「攻殻機動隊ARISE」シリーズなどがある。


冲方丁『マルドゥック・アノニマス 1』
刊行日: 2016年3月24日
価格: 740円(税抜)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 冲方丁「マルドゥック・スクランブル」待望のアニメ化 劇場映画に 画像 冲方丁「マルドゥック・スクランブル」待望のアニメ化 劇場映画に
  • 冲方丁、神山健治が語る“攻殻機動隊現実化” まずはタチコマ実現プロジェクトを発表 画像 冲方丁、神山健治が語る“攻殻機動隊現実化” まずはタチコマ実現プロジェクトを発表

特集