水木一郎インタビュー 東京アニメアワード2016アニメ功労部門受賞“アニソン一筋で歌い続けてきてよかった” | アニメ!アニメ!

水木一郎インタビュー 東京アニメアワード2016アニメ功労部門受賞“アニソン一筋で歌い続けてきてよかった”

インタビュー

水木一郎インタビュー 東京アニメアワード2016アニメ功労部門受賞“アニソン一筋で歌い続けてきてよかった”
  • 水木一郎インタビュー 東京アニメアワード2016アニメ功労部門受賞“アニソン一筋で歌い続けてきてよかった”
アニメソング界を代表する歌手・水木一郎氏が、東京アニメアワードフェスティバル2016「アニメ功労部門」を受賞した。同賞はアニメーション産業・文化の発展に大きく寄与した人物を顕彰するもの。2016年も演出、アニメーター、プロデューサー、原作者、声優、音響、美術、脚本などの分野から10人が選ばれた。水木一郎氏もその一人だ。
水木一郎氏は『マジンガーZ』『バビル2世』『宇宙海賊キャプテンハーロック』など数々のヒット作の主題歌を歌い、黎明期の頃よりアニソン界を牽引し続けてきた。パイオニアとしての功績はあまりにも大きい。また後進の育成にも尽力してきた。
今回、アニメ!アニメ!では、3月21日の顕彰式を控えた水木一郎にインタビューを敢行。受賞の感想から、45年間アニソン一筋で歌い続けられた理由、アニキから見た現在のアニソンシーンまで、幅広く語ってもらった。
[取材・構成:沖本茂義]

東京アニメアワードフェスティバル2016
http://animefestival.jp/ja/

■アニソン一筋で歌い続けてきた理由は?

――東京アニメアワードフェスティバル2016アニメ功労賞受賞、おめでとうございます。

水木
ありがとうございます。

――まずは受賞のご感想からお聞かせください。

水木
アニソン歌手として歌いはじめた頃は、こういった賞を受賞できるなんてこれっぽっちも思ってなかったんです。「子どものために良い歌を残したい」「ヒーローの気持ちを歌に乗せて伝えたい」という一心で歌ってきただけですから。最初はアニメソングに対する周囲の偏見もありました。そこから第一次アニメブームが巻き起こって、僕らアニソン歌手や制作者さんたちが注目されるようになったり、知らぬまにアニメとともに海を渡って、世界規模で歌が知られるようになったり。そう考えると「継続は力なり」といいますか、浮気もせずアニソン一筋でやってきてたことが評価されたんだなと。

――この45年間“アニソン一筋”で歌い続けられてきた理由は?

水木
最近、僕が紹介された道徳の教材(*)にも書かれていますけど、僕は無個性な人間なんです。個性的な声の歌手がたくさんいる中で、僕のような特徴のない声はなかなか日の目を浴びることがなかった。「いっそのこと喉をつぶしてしまおうか……」とまで考えていたときに、ちょうど『原始少年リュウ』(1971年)ではじめてアニソンのオファーがあったんです。
*2015年4月より採択された小学3年生向け道徳副読本「3年生のどうとく」(文溪堂)に水木一郎氏の評伝「アニメソングの帝王に - 水木一郎」が掲載された。

――最初アニソンを歌うことに抵抗は?

水木
当時はアニソンの評価は低かったですし、ジャケットに顔が出ないことも分かっていた。でも、僕はもともと映画音楽が大好きで、「映画音楽だって顔が出ない、同じだ!」と思ったんです。
ところがいざ歌ってみると、全然オッケーが出なくてね……。難しくてすごく苦労した。そこで「ヒーローになりきる」ということをはじめて覚えたんです。リュウになりきって歌ったらすぐにオッケーが出た。もし「水木一郎を出してやろう」となったら絶対にダメだったと思うね。

――ヒーローになり切って歌う、というのは今でも変わらず?

水木
変わらないですね、全然。

――でも、無個性が逆転して、水木さんの強烈な個性につながっているのは面白いです。

水木
そうですね。無個性だったからこそ、特定の色に染まらずに、ありとあらゆるヒーローになりきることができた。そのおかげで「マジンガーZ」にめぐり合うこともできたし、「キャプテンハーロック」から「がんばれロボコン」まで、ジャンルを問わずたくさんの歌に恵まれたんです。『おかあさんといっしょ』で歌のお兄さんをやったときも「この人が『マジンガーZ』を歌っている人なの?」とほとんど気づかれませんでしたから(笑)。

――「アニソン以外も歌ってみたい」という気持ちは芽生えませんでしたか??

水木
アニソンから離れたいと思ったことはなかったですね。ただ、実をいうと、「ある程度歳を重ねたらジャズをやりたいな」とは思ってたんですよ(笑)。ところが「ルパン三世 愛のテーマ」のレコーディングをしているとき、「これ、ジャズじゃん!」と気づいて。ほかにも演歌調の曲があれば、ロックもあり、コミックソングもある。だからべつに“浮気”する必要ないなって。
あと、アニソンの魅力を知れば知るほど、悔しい思いもたくさんしてきて、「アニソンはもっと正当に評価されるべきだ、アニソンに市民権を!」とすごく燃えていたんですね。

――バラエティ番組に積極的に出演されているのも「アニソンを広めたい」という想いからですか?

水木 そう。だから赤いマフラーを付けて、「ゼェェット!」って叫んでるんです(笑)。
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 東京アニメアワードフェスティバル2016 功労賞10名発表 水木しげる氏や水木一郎氏ら 画像 東京アニメアワードフェスティバル2016 功労賞10名発表 水木しげる氏や水木一郎氏ら
  • 東京アニメアワードフェスティバル 2016招待作品出揃う 「父を探して」プレミアや“芦田豊雄”トークも 画像 東京アニメアワードフェスティバル 2016招待作品出揃う 「父を探して」プレミアや“芦田豊雄”トークも

特集