「ろこどる」新作OVA上映会 舞台のモデルとなった千葉県流山市で3月20日開催 

ニュース

新作OVAが立て続けにリリースされるアニメ『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』。テレビアニメ終了後も、その人気は衰えを見せない。
OVA1本目には、2015年末にTBS・BS-TBS他にて先行放送されたクリスマススペシャル「みんなでお祝いしてみた。」が収録され、3月23日に発売予定。そしてVol.2には「PV作ってみた。」が収録されており、こちらは6月22日発売予定となっている。

テレビ放送されたVol.1と違い、「PV作ってみた。」はどんな物語がどのように描かれるのか、分からない部分も多い。そんな同作の上映会が、3月20日に開催されるという。
「『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』新作OVA上映会スペシャル!」と題したこのイベントでは、「PV作ってみた。」の本編映像を最速で視聴できる。また、発売が目前に迫ったOVA Vol.1も同時に上映される。
イベントはそれだけでは終わらず、監督の名和宗則と三ケ月ゆい役の吉岡麻耶を招いてのミニトークショーも実施予定だ。
会場となるのは、作品の中の架空の都市・流川市と業務提携を結んでいる千葉県流山市、TOHOシネマズ流山おおたかの森だ。本作とは深い関係にあり、ファンにとっても納得のスポットといえる。

また、同じく3月20日には、上映会会場の最寄り駅である流山おおたかの森駅南口都市広場にて、第13回流山産業博も開催される。こちらのイベントでは、【ろこどる】コラボグッズの限定販売も予定。アクリルキーホルダーやTシャツ、エコバッグ、クリアファイルといった定番グッズが揃う。
いろいろなショップが出店する「あきんど広場」で商品を購入すると、先着でオリジナルレジ袋に入れてくれるサービスもあるという。イベント開催中は、定期的に作品のマスコットキャラクター・魚心くんとのふれあいタイムも設けられる。
新作OVA上映会は16時からのスタートとなっているので、少し早めに訪れて、流山産業博を見て周るのもいいだろう。

『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』
(C)小杉光太郎・一迅社/流川市ふるさと振興課
《ユマ》

編集部おすすめの記事

特集