ClariSが「交響詩篇エウレカセブン」OPテーマS「sakura」をカバー 1コーラス動画が公開

ニュース

3月2日に、初のコンセプトミニアルバム「SPRING TRACKS -春のうた-」をリリースしたClariS。本作にはオリジナル新曲に加え、松たか子の「明日、春が来たら」、松田聖子の「赤いスイートピー」などのカバー曲も収録されている。
その中で注目したいのが、テレビアニメ『交響詩篇エウレカセブン』OPテーマだったNIRGILIS「sakura」のカバーだ。楽曲の1コーラス動画が、ClariSオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開されている。

『交響詩篇エウレカセブン』は205年4月から1年間をかけて放送されたアニメ。バンダイとボンズが中心となったメディアミックスプロジェクトとして、当時から高い人気を得ていた。音楽面の評価も高く、NIRGILISが奏でる「sakura」は、本作を語るうえで欠かせない楽曲となっている。
今回ClariSが敢行したカバーでは、オリジナルのテイストは継承しながらも、ClariSらしい音色がふんだんに使われたアレンジが施されている。デビュー以来評価の高い歌声の持つ切なさ、歌唱力を活かした内容だ。


公開された動画では、ClariSの描き下ろしイラストも確認できる。これまでとは違った、大人びた表情が垣間見える仕上がりになっている。
ClariSはこれまでにも楽曲を発表するごとにさまざまなデザイナーとコラボレーションしてきた。このミニアルバムでは、ひとつの楽曲ごとにイラストが公開されるという、非常に豪華な展開を見せてきた。なお、このイラストは初回生産限定盤封入特典として付属するた“ClariSイラスト ポストカード”の中の1枚にもなっている。

新作も発売を迎えたClariSだが、時を同じくして初の全国ツアー「ClariS 1st Tour“夢の1ページ…”」もスタート。
3月12日にはZepp Namba、3月19日・20日にはZepp Tokyoでの公演が予定されている。現在のClariSが歌う楽曲の方向性を確認できる、貴重な機会となるだろう。
《ユマ》

編集部おすすめの記事

特集