ジョン・ラセターが「アーロと少年」と「トイ・ストーリー」を語る 特別映像公開 | アニメ!アニメ!

ジョン・ラセターが「アーロと少年」と「トイ・ストーリー」を語る 特別映像公開

ニュース

2016年3月12日にディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』が全国公開となる。一方、ピクサー・アニメーション・スタジオの最初の長編映画『トイ・ストーリー』は、今年で日本公開20周年を迎える。
『アーロと少年』製作総指揮を務め、『トイ・ストーリー』の監督でもあるジョン・ラセターが、両作品を語る特別映像が公開された。ふたつの共通する特徴を友情であると指摘する。

ジョン・ラセターは「アーロとスポットの関係はまるで最強バディのウッディとバズ!」と語る。そして『トイ・ストーリー』の映像と共に『アーロと少年』を解説。本作で描かれる気弱で弱虫なアーロと、勇敢で怖いもの知らずなスポットという正反対の2人が冒険を通じて友情を深めていく様は、「ウッディとバズを思い出させる」いう。
映像の最後には「本当に特別な映画だ」と、『アーロと少年』の楽しさを力説する。ディズニー/ピクサーの最新作はかなり期待してよさそうだ。

『アーロと少年』は、弱虫の恐竜アーロと怖いもの知らずの少年スポットとの友情と絆が描かれる。また、日本版エンドソングとしてKiroroの名曲「Best Friend」を15年ぶりに新録音源した「Best Friend ~Mother Earth Version~」が起用されたことも話題となっている。
3月12日に日本公開する本作は、20年前に『トイ・ストーリー』で味わった感動や興奮に似た体験を我々に与えてくれる映画になっているのかもしれない。


「アーロと少年」
(C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「アーロと少年」プレミア試写 ママ役安田成美が“親友は木梨憲武”と笑顔で 画像 「アーロと少年」プレミア試写 ママ役安田成美が“親友は木梨憲武”と笑顔で
  • 「アーロと少年」ピーター・ソーン監督来日記者会見 母との思い出が作品に反映 画像 「アーロと少年」ピーター・ソーン監督来日記者会見 母との思い出が作品に反映

特集