「アーロと少年」プレミア試写 ママ役安田成美が“親友は木梨憲武”と笑顔で | アニメ!アニメ!

「アーロと少年」プレミア試写 ママ役安田成美が“親友は木梨憲武”と笑顔で

イベント・レポート

『アーロと少年』“友情”プレミア試写会
  • 『アーロと少年』“友情”プレミア試写会
  • 安田成美/『アーロと少年』“友情”プレミア試写会
  • 片桐はいり/『アーロと少年』“友情”プレミア試写会
  • 八嶋智人/『アーロと少年』“友情”プレミア試写会
  • 石川樹/『アーロと少年』“友情”プレミア試写会
  • 松重豊/『アーロと少年』“友情”プレミア試写会
  • 『アーロと少年』“友情”プレミア試写会
  • 安田成美/『アーロと少年』“友情”プレミア試写会
ディズニー/ピクサーの感動最新作『アーロと少年』が、公開を来週に控えた3月2日(水)、“友情”プレミア試写会を実施。日本語吹き替え版声優を務めた安田成美、松重豊、八嶋智人、片桐はいり、石川樹らが登壇し、イベント最後には集まった200人の観客と主題歌「Best Friend」を大合唱した。

ディズニー/ピクサーのスタジオ設立30周年という記念すべき年に放たれる本作は、“もしも隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅していなかったら?”という世界を舞台に、恐竜なのに臆病者で甘えん坊のアーロが、怖いもの知らずの人間の少年と出会い、冒険を繰り広げる感動ファンタジー作。日本語吹き替え声優には豪華俳優陣が名を連ね、アーロを愛するアパトサウルスのママ役に安田さん、アーロが冒険の途中に出会う強面のTレックス一家の、怖さとの向き合い方を教えてくれる迫力満点の父親“ブッチ役”松重さん、好奇心旺盛でどこか抜けている弟“ナッシュ役”を八嶋さん、おしゃべり好きでおてんばな姉“ラムジー役”を片桐さん。そして弱虫な恐竜アーロ役を石川さんが演じる。

イベントでは、主人公アーロとスポットの奇跡的な友情物語にちなんで、“友情”についての質問に5人が回答。「芸能人ベストフレンドは?」という問いには、安田さんは旦那さんである“木梨憲武”の名前をあげ「芸能人にお友だちがいないというのもあるんですけど(笑)。彼とは付き合いが長いので、親友のように毎日を過ごしております」と、会場の女性が思わず羨む返答をした。八嶋さんは共演作も多く、一時はコンビのように活動していたという俳優・高橋克実の名をあげ、ある夜に電話で「(高橋さんから)お前、親友だよな? と確認されたことがある。それ以来、先輩だけど親友だと思ってます(笑)」とエピソードを披露。

そんな八嶋さんを横目に、松重さんはなんと“八嶋さん”をベストフレンドと回答し「何が悲しくて、僕が友人だと思っていた人から裏切られる…やっぱり芸能界っていうのは友だちがいないんだなと…」と恨めしい顔をしながらも「僕は舞台で八嶋君の母親役もやったことがある。(本作では父親役なので)両親をやったってなかなかないと思う。もう身内みたいなもんですね」と明かし、八嶋さんもたじたじだった。

また、「友だちから言われて大切にしている言葉は?」という問に、若干12歳の石川さんは「いい作品にするために頑張ろうな」と同じ歳の俳優仲間に言われたと語り、八嶋さんから「石川くんもすごいけど、仲間もすごいね!」と驚かれていた。松重さんは、高身長仲間の俳優・阿部寛から、自身の身長が微減したことをズバリ言い当てられた時の話を明かし、「それ言われたとき嬉しくてね~『わかります!?』って笑顔で言っちゃったんですよ(笑)」と嬉しそうに語った。

最後は登壇者5人と詰めかけた観客たちで、人気デュオ「Kiroro」の2001年6月に発売した大ヒット曲「Best Friend」を15年ぶりに再録した主題歌「Best Friend~Mother Earth Version~」を大合唱し、温かい雰囲気の中イベントは幕を下ろした。

『アーロと少年』は3月12日(土)より全国にて公開。

安田成美、親友は旦那・木梨憲武と笑顔で宣言!『アーロと少年』

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「アーロと少年」ピーター・ソーン監督来日記者会見 母との思い出が作品に反映 画像 「アーロと少年」ピーター・ソーン監督来日記者会見 母との思い出が作品に反映
  • 「アーロと少年」、弱虫な恐竜アーロと父親の交流を描く 本編映像から公開 画像 「アーロと少年」、弱虫な恐竜アーロと父親の交流を描く 本編映像から公開

特集