VFX-JAPANアワード最優秀賞に「バクマン。」「アップルシードアルファ」「MGS V」など 表彰式レポ | アニメ!アニメ!

VFX-JAPANアワード最優秀賞に「バクマン。」「アップルシードアルファ」「MGS V」など 表彰式レポ

イベント・レポート

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
日本の視覚効果の振興と発展を目的に開催されるVFX-JAPANアワードが今年で4回目を迎えた。歴史は浅いが、映像作品のなかでCGとVFXの役割がますます拡大することもあり、その注目は高い。
2016年3月3日には、東京・秋葉原UDXにて、京楽ピクチャーズ.PRESENT「VFX-JAPANアワード 2016 表彰式」が開催された。劇場映画からイベント・LIVE映像まで7部門に優秀賞の授賞を行った。またこの場で各部門の最優秀賞が発表された。

最優秀作品は、劇場公開実写映画部門に『バクマン。』、テレビ番組部門は『生命大躍進』、ゲーム映像部門は『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』だった。またCM・プロモーションビデオ部門は『ペプシ 桃太郎 Episode2/Episode3』、イベント・LIVE映像部門は『Panasonic 4K Movie』、先導的視覚効果部門は『HAPPY FOREST Realtime Tech demo』と多彩な作品が並んだ。そして劇場公開アニメーション映画部門は『アップルシードアルファ』に輝いた。
会場で優秀賞受賞作品も含めた28作品の映像も紹介された。2時間足らずの上映ではあったが、日本のCG、VFXの多様性、可能性を感じさせるのに十分なものだ。

CG、VFXと言えば、映像ファンにはSFやアクション映画を思い浮かべる人が多いかもしれない。しかし、ドキュメンタリー番組の『生命大躍進』や、先導的視覚効果部門の各作品は、映像への活用がそれにとどまらないことを示している。
劇場公開実写映画部門に映画『バクマン。』が輝いたことは、そうした状況を示しているかもしれない。ノミネートには『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (前編)/ エンドオブザワールド(後編)』や『寄生獣 完結編』、『天空の蜂』といったCG、VFXを全面に押し出した作品があったが、これを破ってのものである。
授賞の挨拶に立ったピクチャーエレメントの道木伸隆氏の「爆発がなくても受賞いただける」との言葉が印象的だだった。『バクマン。』は主人公の2人がマンガに挑む様子を、様々なCG手法を駆使して描いた。

描かれる映像が全てゼロから作られるアニメーションも、VFXの主要カテゴリーだ。今回は、モーションキャプチャーからフォトリアルな映像を作りだした『アップルシードアルファ』が最優秀賞となった。他の3作品は、3DCGのキャラクターアニメーションに挑んだ『GAMBAガンバと仲間達』、2Dテーストのデジタルアニメーション『劇場版 シドニアの騎士』、そしてロトスコープをCGで処理をする『花とアリス殺人事件』。ここでもその映像表現は多彩だ。
最優秀賞のトロフィーを受け取った荒牧伸志監督は、「今日、最優秀賞を貰えるとは思ってもみなかった」と、それだけに嬉しそうな様子だった。「スタジオに戻ってみんなで祝いたい」とコメントした。
アニメではこのほかテレビ番組部門で、『アルスラーン戦記』と『ワンパンマン』が優秀賞を受賞した。映像分野における存在感の大きさを発揮した。
[数土直志]

一般社団法人VFX-JAPAN
https://vfx-japan.com/

VFX-JAPANアワード2016

[最優秀賞]
■ 劇場公開実写映画部門
『バクマン。』
■ 劇場公開アニメーション映画部門
『アップルシードアルファ』
■ テレビ番組部門
『生命大躍進』
■ ゲーム映像部門
『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』
■ CM・プロモーションビデオ部門
『ペプシ 桃太郎 Episode2/Episode3』
■ イベント・LIVE映像部門
『Panasonic 4K Movie』
■ 先導的視覚効果部門
『HAPPY FOREST Realtime Tech demo』

[優秀賞]
■ 劇場公開実写映画部門
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (前編)/ エンドオブザワールド(後編)』
『寄生獣 完結編』
『天空の蜂』
■ 劇場公開アニメーション映画部門
『GAMBAガンバと仲間達』
『劇場版 シドニアの騎士』
『花とアリス殺人事件』
■ テレビ番組部門
『アルスラーン戦記』
『ワンパンマン』
『アイムホーム』
■ ゲーム映像部門
『Splatoon(スプラトゥーン)』
『DARK SOULS III(ダークソウルIII)』
『Bloodborne The Old Hunters 』
■ CM・プロモーションビデオ部門
『マルコとマルオの7日間』
『レノアハピネス 「香りトンネル」篇/「花のドレス」篇』
『VELLFIRE 覚悟(黒)篇』
■ イベント・LIVE映像部門
『CURIOSITY ESSENCE Concept Movie』
『ASTON MARTIN brand concept movie “HYPER ORGANISM”』
『“New Camry Dynamic but Gentle Atlantic Road” press conference movie』
■ 先導的視覚効果部門
『滝のインスタレーション “Interactive Waterfall”』
『えのすい×チームラボナイトワンダーアクアリウム2015「花と魚~相模湾大水槽」』
VR作品『日光東照宮 国宝 陽明門』
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「STAND BY ME ドラえもん」など VFX-JAPANアワード2015最優秀賞決定 画像 「STAND BY ME ドラえもん」など VFX-JAPANアワード2015最優秀賞決定
  • 「キャプテンハーロック」やゲーム「ジョジョの奇妙な冒険」VFX-JAPANアワード最優秀賞決定 画像 「キャプテンハーロック」やゲーム「ジョジョの奇妙な冒険」VFX-JAPANアワード最優秀賞決定

特集