「ハイキュー!!」をイメージした曲も多数収録 tacicaが6枚目のアルバム発売 

ニュース

「ハイキュー!!」をイメージした曲も多数収録 tacicaが6枚目のアルバム発売 
  • 「ハイキュー!!」をイメージした曲も多数収録 tacicaが6枚目のアルバム発売 
  • 「ハイキュー!!」をイメージした曲も多数収録 tacicaが6枚目のアルバム発売 
ロックバンドtacicaが6枚目のアルバムを2016年4月6日にリリースする。アニメファンにはテレビアニメ『ハイキュー!!セカンドシーズン』のエンディングテーマ「発熱」などでもお馴染みの存在だけに、リリースを心待ちにする人も多そうだ。
アルバムのタイトルは「HEAD ROOMS」。収録曲は全11曲となる。

tacicaは2005年に札幌で結成された2人組のロックバンド。2007年に発売したデビューミニアルバムが、インディーチャート1位を獲得。活動の場をメジャーに移してからも、メディアへの露出しない活動を続けていた。これにもかかわらず、シングル、アルバムがにオリコンTOP10入りする快挙を達成している。2015年に結成10周年を迎え、今年は新たなスタートとなる11年目になる。

「HEAD ROOMS」には、『ハイキュー!!セカンドシーズン』の第2クールエンディングテーマとしてヒットした「発熱」を収録する。また、「発熱」と同時期に『ハイキュー!!』をイメージして制作した楽曲も多数収録する。
ファンの間では『ハイキュー!!』の物語性とtacicaが手がける楽曲は、抜群の相性だと語られることも多い。tacicaファンはもちろん、『ハイキュー!!』ファンにとってもぜひ入手したい1枚となりそうだ。

そのほか、tacicaがデビューから続けてきた自主企画ツアー「三大博物館」テーマ曲として、2015年11月に配信限定された「サイロ」、インディーズ時代の幻の名曲「Butterfly Lock」も収録する。
「三大博物館2016~太陽と月~」で開演のSEとして使われた楽曲も。しかも、その曲には“秘密”が隠されているらしい。そんな遊び心が散りばめられているのもポイントだ。

7インチ紙ジャケット仕様+特製Tシャツ付の完全生産限定盤が税抜き4,167円、通常盤が税抜き2,778円となる。発売日は、tacicaが結成した4月5日の翌日、4月6日だ。
《キャプテン住谷》

編集部おすすめのニュース

特集