「聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ」エンディングは三森すずこの「Xenotopia」

ニュース

2016年4月より放送開始となる『聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ』のエンディングが明らかになった。エンディングテーマ「Xenotopia(ゼノトピア)」を歌うのは、声優としても活躍している三森すずこさんに決定、その詳細と動画が公開された。

テレビアニメ『聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ』は、GREEのアプリゲーム『聖戦ケルベロス』を原作とする話題作だ。原作となるゲームは、プレイヤー数300万人を突破するほどの人気を獲得する。
アニメ化にあたっては、日中共同製作をし、中国での先行配信も発表するなど話題の多い作品だ。日本では、4月4日よりテレビ東京ほかで順次放送開始となる。

オープニングテーマ「Resonant Heart」を内田真礼が歌うことが決定し、放送日時は既に明らかになっている。今回新たにエンディング「Xenotopia」を三森すずこが歌うことが明らかになった。三森すずこは、ゲームでピンクミューズの声を担当している。
エンディングを歌うにあたって、「以前、ピンクミューズを演じさせて頂いた「聖戦ケルベロス」がTVアニメ化!ということで、エンエディングテーマを担当させて頂き、また「聖戦ケルベロス」に関わることができてとてもうれしいです。「Xenotopia」という楽曲は“異世界の理想郷”を表現しています。アニメも楽曲も是非お楽しみ下さい!」とコメントしている。


「Xenotopia」は、5月25日にシングル発売される。初回限定版と通常版の2種類で、初回限定版にはミュージックビデオや、メイキングなどが収録されたDVDが付属。初回限定版は1,750円、通常版は1,250円。(いずれも税抜き価格)

『聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ』
(C)2016 GREE, Inc. /iQIYI.GREE.MEDIALINK.TV TOKYO
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集