映画「一週間フレンズ。」主演に川口春奈と山崎賢人 公開は2017年2月

ニュース

(c)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会
  • (c)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会
  • 『一週間フレンズ。』原作第1巻
累計130万部突破のマンガ『一週間フレンズ。』の実写映画製作が決定、2017年2月に全国公開される。人気作品だけに、実写化決定はすでに大きな話題を巻き起こしている。
そうしたなかで早くも本作の主演が発表された。川口春奈と山崎賢人の二人が主人公のふたりを務める。公開から一年も前の主演発表は本作に対する期待の大きさも感じさせる。さらに人気の役者の出演はまた大きな話題になりそうだ。

『一週間フレンズ。』は、一週間で友達の記憶がなくなってしまう少女と彼女を支える少年との切ないラブストーリーを紡いでいく。記憶がなくなってしま藤宮香織役を演じるのが川口春奈だ。『好きっていいなよ。』『金田一少年の事件簿N』で等身大の女子高生を演じた若手の注目株である。
そんな彼女と友達になろうとする長谷祐樹役は、山崎賢人が演じる。NHK連続テレビ小説『まれ』をはじめ、話題作への出演が相次ぐなかでの起用である。

撮影は2015年11月14日にクランクインし、12月16日にクランクアップをしているここでふたりは初共演ながら初日から意気投合し、信頼感をもって撮影に臨んだという。緊張感と穏やかさのある現場で、少しずつ変化する香織と祐樹の微妙な距離感を演じていった。

撮影を終えた川口は「山崎さんとは初めてお仕事させて頂きましたが、山崎さんの芝居が大好きで本当に長谷君にしか見えなくなって、自分の感情を勝手にコントロールされてるかのようで不思議な時間でした」と振り返る。山崎も「諦めずに、一生懸命になれば何かが変わる、思いは伝わる。そんな事を感じてもらいたいです」と本作に込めた熱い想いを語る。
監督は映画『赤い糸』を手がけた村上正典が担当。「みずみずしくも切ない恋を描くにあたり、川口さんと山崎さんのキラキラとした透明感は欠かせませんでした」と二人の起用理由を明かしている。テレビアニメや舞台でも人気を博した原作が、実写でどのように描かれるのか。2017年のロードショーに要注目だ。
[高橋克則]

映画『一週間フレンズ。』
2017年2月全国ロードショー
(c)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会
《高橋克則》

編集部おすすめのニュース

特集