「時をかける少女」から「バケモノの子」まで スタジオ地図がAnimeJapan 2016にやってくる | アニメ!アニメ!

「時をかける少女」から「バケモノの子」まで スタジオ地図がAnimeJapan 2016にやってくる

ニュース

2006年公開のアニメ映画『時をかける少女』から『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』、そして2015年の大ヒット映画『バケモノの子』まで、細田守監督は次々にアニメ映画のヒット作を世に届ける。そんな細田作品の世界が、AnimeJapan 2016にまとめて登場することになった。
2016年3月26日と27日、東京ビッグサイトで開催されているAnimeJapan 2016にスタジオ地図がブース出展することを発表した。ブースでは『バケモノの子』をはじめとする作品紹介、さらにアニメスタジオの現場を再現するなど盛り沢山となる。

スタジオ地図は2011年に細田守監督の作品制作の拠点として設立された。細田作品を通じて、アニメの楽しさや魅力を伝えている。
今回のAnimeJapan 2016への出展も、そんな想いが込められたものになる。まず作品が生まれる場所を紹介するとして、アニメ制作の際に使用した監督、作画監督、そして美術監督の机を会場内に再現する。作品ファン、クリエイターを目指す人に興味深いに違いない。
さらに『バケモノの子』の原画や背景美術も展示する。こちらも貴重な場だ。この場が初公開となる『時をかける少女』からの4作品のスペシャルメイキング映像も上映される。

スタジオ地図SHOPの限定出店もあり、DVDやBlu-ray、キャンバスバッグ(数量限定)などを販売。商品購入には作画監督・山下高明の描き下ろし複製色紙が先着プレゼントされる。作品グッズを期待するファンも満足できるだろう。
さらにAnimeJapan 2016内で実施される『バケモノの子』デジタルスタンプラリーにも参加。これ以外にも来場者限定特典を多く用意する。

AnimeJapan 2016 スタジオ地図ブース
http://www.studio-chizu.jp/aj2016/index.html
2016年3月26日(土)・27日(日)10時から17時まで
場所: 東京ビッグサイト東展示棟 東5ホールJ11
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • AnimeJapan 2016でのビジネス施策を訊く 黒田千智氏インタビュー  画像 AnimeJapan 2016でのビジネス施策を訊く 黒田千智氏インタビュー 
  • ブシロードがAnimeJapan 2016出展内容発表 「ラクエンロジック」「ミルキィホームズ」など 画像 ブシロードがAnimeJapan 2016出展内容発表 「ラクエンロジック」「ミルキィホームズ」など

特集