元祖SDガンダムワールドが20年ぶりに復活 第1弾は最強戦士「ガンキラー」 | アニメ!アニメ!

元祖SDガンダムワールドが20年ぶりに復活 第1弾は最強戦士「ガンキラー」

ニュース

1990年代に子供たちに人気を集めた「元祖SDガンダムワールド」が、約20年ぶりに復活する。シリーズを大人のファンに向けにした商品展開がスタートした。
第1弾はマンガ『超戦士ガンダム野郎(ボーイ)』に登場する「ガンキラー」に決定。2月25日より「プレミアムバンダイ」で予約受付が2月25日より開始される。発送予定は2016年8月を予定、価格は3,888円(税込)。準備数に達し次第受付終了となる。

「元祖SDガンダム」は、ガンダムシリーズのモビルスーツなどを二頭身にデザインしたSDガンダムの組み立て式のアイテムである。90年代に一世風靡をしたが、1996年7月の「No.0088鎧闘神ウイング」を最後に新商品の発売を終了していた。
約20年ぶりとなる復活第1弾は「No.0089」と、90年代からのナンバーを引き継ぐ。第1弾のガンキラーは、マンガ誌「コミックボンボン」(小学館)で1989年から1993年にかけて連載されていた『超戦士ガンダム野郎(ボーイ)』に登場する。

ガンキラーでは、これまでと同様の組み立て式にこだわった。カラーリングも可能な限り再現、90以上のパーツに分けられている。
一方で20年という年月から劇的に進化し、可動範囲も広がった。オプションパーツも様々で、「キラーソード」や「フレキシブルアーム」「フレキシブルレッグ」など劇中の様子を再現することもできる。パッケージはファンお馴染みの横井孝二が描き、そのビジュアルも公開された。

復活記念として、パッケージ内にはミニ下敷きが同梱される。リナンバー後のラインナップやガンキラーの商品写真やイラストを掲載する予定だ。
サイトでは「大人になったガンダム少年たちへ」と書かれ、商品化希望アンケートを近日スタートすることを告知する。往年のファンの胸を熱くしそうだ。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「鉄血のオルフェンズ」参戦!「機動戦士ガンダムVS.」シリーズ最新作3月9日より稼働 画像 「鉄血のオルフェンズ」参戦!「機動戦士ガンダムVS.」シリーズ最新作3月9日より稼働
  • 脚本家・両澤千晶さんが56歳で逝去 「ガンダムSEED」「サイバーフォーミュラ」を手がける 画像 脚本家・両澤千晶さんが56歳で逝去 「ガンダムSEED」「サイバーフォーミュラ」を手がける

特集