「SING」2017年公開  「ミニオンズ」に続けイルミネーション最新作は動物たちのミュージカル

ニュース

イルミネーション・エンタテインメントの新作アニメ映画『SING』の日本公開が決定した。東宝東和配給で2017年にロードショーとなる。『ロラックスおじさんの秘密の種』や『ミニオンズ』などを送り出したヒットメーカーの最新作は、豪華スターが共演するミュージカル・コメディムービーだ。

『SING』は動物が人間のように暮らしている世界が舞台である。主人公のバスター・ムーンは劇場の主宰を務めるコアラ。かつては栄えていたものの今は閑古鳥が鳴いている劇場を立ち直すため、歌唱コンテストのプロデュースを決意する。
感傷的に優しく歌うハツカネズミ、ステージに恐怖心を持つ内気なティーンエイジャーのゾウ、25匹のコブタの面倒に疲れ果てた母ブタ、若いギャングスターのゴリラ、パンクロッカーのヤマアラシなど、個性豊かな動物たちが集結。彼らは自らの未来を変えるため、バスターの劇場に集う。


特報映像では動物たちがオーディションに臨むシーンが収められている。その楽曲はレディー・ガガの「バッド・ロマンス」やクレイジー・タウンの「バタフライ」、ニッキー・ミナージュの「アナコンダ」など、誰もが知っている名曲ばかり。
劇中ではヒットソングが85曲披露される予定だ。コメディだけでなく、ライブシーンも大きな見どころになるだろう。劇場を何よりも愛するバスターはかつての栄光を取り戻すことができるかが見どころである。

主人公のバスターを演じるのは、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したマシュー・マコノヒー。他のキャストには『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したリース・ウィザースプーン、『テッド』の監督を務め、くまのぬいぐるみを演じたセス・マクファーレンなど、豪華なメンバーが揃っている。
[高橋克則]

『SING』(原題)
2017年公開
監督/脚本: ガース・ジェニングス
製作: クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
キャスト: マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロール、ジェニファー・サンダース、ピーター・セラフィノーウィッチュ、レスリー・ジョーンズ、ジェイ・ファロア、ニック・オファーマン、ベック・ベネット
配給: 東宝東和
(c)Universal Studios.
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集