「映画クレヨンしんちゃん」に安田顕、吉瀬美智子、そして“とにかく明るい安村”が参戦

ニュース

『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』が4月16日に全国公開となる。長年、子どもからその親世代にまでに愛されてきたシリーズは、本作で第24作目となる。
毎回、個性たっぷりのゲスト声優が話題になるシリーズだが、いよいよ今年のゲストが明らかになった。俳優の安田顕、女優の吉瀬美智子、そして「安心して下さい、穿いてますよ」のギャグで大ブレイク中の芸人・とにかく明るい安村が起用された。

演劇ユニット・TEAM NACSの安田顕が演じるのは、謎の少女・サキの父親で”夢の研究者”でもある貫庭玉夢彦。安田顕は、テレビドラマ『下町ロケット』や映画『俳優 亀岡拓次』で注目を集め、スタジオジブリ作品で声優経験も持つ。
サキの母親・貫庭玉サユリ役は吉瀬美智子が担当。モデルや女優として活躍し、一児の母でもある吉瀬が、夢の世界のキーパーソンを務める。

そして2015年の新語・流行語大賞トップ10入りを果たしたお笑い芸人・とにかく明るい安村は本人役で参戦。夢の世界に登場し、とにかく明るく大暴れするとのこと。果たして劇中では穿いているのか、見どころの一つとなりそうだ。
ゲスト声優の決定にあわせて、それぞれのコメントも発表された。3月のアフレコに向けて気合いも十分なようだ。

「映画クレヨンしんちゃん」シリーズは2015年『オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』が興行収入22.9億円を突破し、シリーズ最高興収を記録した。第1作『アクション仮面VSハイグレ魔王』の記録を22年ぶりに上回る快挙である。
最新作「ユメミーワールド大突撃」は、脚本にお笑い芸人の劇団ひとりを起用している。第22作「ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん」で文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した高橋渉監督と、二人でシナリオを作り上げた。夢の世界を舞台に一体どのようなストーリーが繰り広げられるのか、続報を待ちたい。
[高橋克則]

『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』
4月16日全国ロードショー
(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集