コスプレイヤー向けも充実「おそ松さん」「SAO」などのセットが楽しめる AnimeJapan 2016 | アニメ!アニメ!

コスプレイヤー向けも充実「おそ松さん」「SAO」などのセットが楽しめる AnimeJapan 2016

ニュース イベント

3月26日(土)、27日(日)に開催されるAnimeJapan 2016は、2014年から行われている総合アニメイベント、“アニメのすべてがここにある”をテーマに、毎回様々なステージイベントやブース出展が行われている。
スタート当初よりアニメ業界公式イベントでもコスプレを楽しんで欲しいと、コスプレフレンドリーな施策を行ってきた。2014年もコスプレイヤー向けの企画が充実している。

会場には、企業ブースの他にコスプレイヤーズワールドという独立したエリアが毎年、設けられている。多くの来場者がコスプレや撮影を楽しんでいる。
なかでもコスプレスタジオ運営などのハコスタと作品がコラボレーションした撮影セットが人気だ。昨年は『月刊少女野崎くん』から野崎くんの仕事部屋の再現、『黒子のバスケ』から作中に登場するリアカーの立体造形物、さらに『艦隊これくしょん -艦これ-』『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』から公式背景が展示され、自由に撮影ができた。セットを使い撮影する様子も多く見かけられ、コスプレイヤー達からの需要の高さが窺えた。

2016年は、これを『おそ松さん』、『文豪ストレイドッグス』『ソードアート・オンライン』で展開する。公式セットや背景でコスプレ撮影ができるスペースが登場する。
『おそ松さん』から6つ子達が一枚の布団に枕を並べて寝ている様子を再現できるセットや、『文豪ストレイドッグス』の武装探偵社事務所を再現した撮影セットが展示される。『ソードアート・オンライン』からは公式背景が登場。話題作のセットだけあって、今年も多くのコスプレイヤーがブースで賑わいを見せそうだ。

また、この他にもハコスタが所有する背景パネルの展示もあり、女性向け作品と相性が良さそうな青ストライプの背景や、「刀剣乱舞」など和風な作品に合う和風壁、ストリートチックな雰囲気漂うペンキ壁など、全4種類の背景も用意される。
セット、背景を使えば、普段のコスプレとは一味違った作品が撮影できるこのコスプレイヤーズワールド。今年もどんな作品が会場で生まれるのか楽しみだ。

「おそ松さん」
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「文豪ストレイドッグス」
(C)2016 朝霧カフカ・春河 35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会
「ソードアート・オンライン」
(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • AnimeJapan 2016総合プロデューサー:高橋祐馬氏インタビュー  画像 AnimeJapan 2016総合プロデューサー:高橋祐馬氏インタビュー 
  • AnimeJapan 2016 エリアマップ公開 出展ブース、ステージ、フードパークに主催者企画 画像 AnimeJapan 2016 エリアマップ公開 出展ブース、ステージ、フードパークに主催者企画

特集