「機動戦士ガンダム サンダーボルト」第3話が3月18日正午配信開始 ファンクラブで最速先行配信

ニュース

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のアニメ第3話の配信開始日が決まった。3月18日(金)の正午から配信されることが分かった。
本作は「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で連載中の太田垣康男の同名マンガのアニメ化作品。単行本は累計発行部数が160万部を超える人気作品だ。ストーリーは宇宙世紀0079、かつてサイド4が存在したサンダーボルト宙域での地球連邦軍所属の部隊“ムーア同胞団”とジオン軍のリビング・デッド師団との戦いを描く。

アニメは有料のレンタル配信とガンダムシリーズでは初の視聴期限の無いネット配信“EST配信”にて、全4話に渡り公開される。キャストには中村悠一(イオ・フレミング役)、木村良平(ダリル・ローレンツ役)、平川大輔(コーネリアス・カカ)など、豪華キャストが起用されている。
制作スタッフには『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』を手がけたサンライズ第1スタジオが担当。スタッフには『革命機ヴァルヴレイヴ』でも監督を務めた松尾衡、アニメーションキャラクターデザインには『機動戦士ガンダムUC』でメカ作画監督を務めた高谷浩利、アニメーションメカニカルデザインには、数々の作品でメカニックデザインを務め、大友克洋をはじめとしたクリエイターたちのオムニバス短編映画『SHORT PEACE『の作品の一つ「武器よさらば」で監督も務めたカトキハジメなどが参加している。
第3話では連邦軍のサンダーボルト宙域奪還の総攻撃が開始。ムーア同胞団とリビング・デッド師団の苛烈さを増す殲滅戦でサイコ・ザクに乗るダリルと、イオのフルアーマー・ガンダムと三度目の会敵などが描かれている。

また、ガンダムシリーズ初のファンクラブとしてアプリがリリースされているガンダムファンクラブでは、3月4日(金)から第3話の最速先行配信が開始される。
最終話へ向けて更に盛り上がっていくであろう本作。物語の結末に向けた怒涛に展開に目が離せなくなりそうだ。

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』
(C)創通・サンライズ
《半蔵門アラタ》

編集部おすすめの記事

特集