青年向けライト文芸レーベル「ノクスノベルス」 2月12日創刊、20代後半から50代ターゲット

ニュース

フロンティアワークスは青年向け文芸レーベル・ノクスノベルスを2月12日に創刊する。20代後半から50代の社会人男性をメインターゲットに、性や暴力などの表現に踏み込んだ作品を送り出す。
創刊タイトル『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』第1巻はすでに重版が決定済みだ。書店からも大きな期待が寄せられている。

ノクスノベルスは「小説家になろう」の姉妹サイト「ノクターンノベルズ」「ミッドナイトノベルズ」の掲載作を中心に書籍化する文芸レーベルである。暴力や性などの青年向けの表現に踏み込みながらも、それだけに偏らない骨太の作品を目指している。
フロンティアワークスはこれまでも、MFブックスやアリアンローズといったレーベルを手がけてきた。そこで培った新人発掘力や編集ノウハウがノクスノベルスにも注ぎ込まれる。これまでのレーベルでは描くことができなかった表現にもチャレンジし、読者の新たなニーズを作品に反映する予定だ。

創刊タイトル『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』は著者・裏地ろくろ、イラストレーター・サブローが手がけるサスペンスアクション。会社が倒産してから引きこもり生活を送っていた主人公・武村雄介が、ゾンビたちが蔓延る世界でサバイバルの日々を繰り広げる。なぜかゾンビに襲われない彼が、崩壊した文明社会でどのような行動を起こすのだろうか。
ネットで話題の人気小説を書籍化で、書き下ろしの番外編も収録されている。発売前にも関わらず重版が決定しており、書籍化でさらに人気を伸ばすだろう。価格は1200円(税抜)だ。ノクスノベルスは毎月12日頃発売予定。刊行ベースは毎月1タイトルから2タイトルを予定している。
[高橋克則]

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』第1巻
著者: 裏地ろくろ
イラストレーター: サブロー
判型: 四六版・ソフトカバー
価格: 1200円(税抜)
レーティング: 全年齢

ノクスノベルス
発行元: 株式会社フロンティアワークス
ターゲット: ライトノベルを卒業した20代後半~50代の社会人男性
レーティング: 全年齢
発売日: 毎月12日ごろ
刊行ペース: 毎月1~2タイトル
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集