「小説家になろう」から『ありふれた職業で世界最強』コミカライズ決定 第0話公開

ニュース

WEB投稿サイト「小説家になろう」で2013年に公開が始まってから、閲覧ビュー数は1億2,000万を超えるという白米良氏の小説作『ありふれた職業で世界最強』。2015年にはオーバーラップ文庫より書籍化され、すでに第2巻まで発売、累計部数は10万部を突破している人気作へと成長を遂げた。

そんな本作が、今度はコミカライズ展開を見せる。漫画を手掛けるのは、RoGa氏で、オーバーラップのWEBコミックサイト「オーバーラップComicONLINE」にて連載されることが決まっている。
すでに第0話「プロローグ」が公開されている。プロローグということもあり、ボリュームは8ページと短めだが、作品の世界観をつかむには充分な長さだ。RoGa氏が描く、原作小説とは一味違うキャラクターも魅力のひとつだろう。
この漫画は、PCのほかスマートフォンでも閲覧が可能である。HTML5でも読めるので、環境にあわせて読む方法を選択できる。

『ありふれた職業で世界最強』は、いじめられっ子の南雲ハジメが、クラスメイトと共に異世界へ召喚されてしまう異世界ファンタジー作品だ。異世界では錬成師という地味な能力しか持っていないハジメは、つぎつぎに戦闘向きのチート能力を発現するクラスメイトとは対照的に、最弱と言っていい存在である。そんなハジメが、クラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまうところから物語が大きく動き出す。

原作小説は、2016年2月25日に第3巻の発売を控えている。これまでと同様に、書店店頭を賑わす作品になるだろう。コミカライズの第1話は、3月11日17時頃に公開予定とのこと。それ以降も、毎月第2金曜日に更新していくようだ。
《ユマ》

編集部おすすめの記事

特集