「美男高校地球防衛部LOVE!活劇!」 鳴子硫黄と蔵王立のビジュアル公開、舞台も魅力たっぷり

ニュース

(c)馬谷くらり/眉難高校演劇部
  • (c)馬谷くらり/眉難高校演劇部
  • 鳴子硫黄:高崎翔太(c)馬谷くらり/眉難高校演劇部
  • 蔵王立:荒牧慶彦(c)馬谷くらり/眉難高校演劇部
  • 箱根有基:赤澤燈 (c)馬谷くらり/眉難高校演劇部
  • 由布院煙:五十嵐麻朝(c)馬谷くらり/眉難高校演劇部
  • 鬼怒川熱史:越智友己 (c)馬谷くらり/眉難高校演劇部
  • (c)馬谷くらり/眉難高校演劇部
2016年3月10日から13日までの4日間、東京六本木のZeppブルーシアター六本木で、『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』が公演される。2015年1月から3月までテレビ放送されたアニメ『美男高校地球防衛部LOVE!』を原作に、作品の世界をライブなステージで展開するものだ。
舞台化にあたっては、若手の人気役者の起用がされている。フレッシュな面々が演技、そしてビジュアルでいかに個性たっぷりのキャラクターたちを表現するのかも注目だ。

本作の最新ビジュアルが、このほど公開された。高崎翔太が演じる鳴子硫黄と、荒牧慶彦が演じる蔵王立である。鳴子硫黄は座右の銘は「世の中金が全て!」クールで冷静な性格で、パトラヴァ・サルファーに変身する。緑のおかっぱが特徴だ。
一方、蔵王立はひっきりなしにデートの誘いが入るモテキャラ。こちらはパトラヴァ・ヴェスタに変身。今回のふたりのビジュアル公開で、地球防衛部5人が揃った。アニメから抜け出したかのような彼らがどんなストーリーを紡ぎだすか?

作品は、眉難高校「地球防衛部」に集う箱根有基ら高校生5人の前に、突如喋る桃色のウォンバットが現れたことから始まる。愛の王位継承者バトルラヴァーズに5人は任命され、ラブレスレットの力で変)し、愛で地球を満たす為に戦うことになる。対するは草津錦史郎が率いる征服部と、彼らが送り込む怪人たちだ。
奇想天外な原作の世界観に加えて、公演ではオリジナルキャラクターも登場し、原作にはないストーリーを展開するという。ファンには見逃せないステージだ。
脚本・演出は村上大樹、『ママと僕たち』や舞台『私のホストちゃん』などで見せた手腕をここでも発揮する。4日間で7公演、チケットは一般6800円(税込)のほか、非売品のグッズとパンフレットをつけた前方エリアのプレミアムチケット9,800円(税込)も用意している。

『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』
原作:「美男高校地球防衛部LOVE!」馬谷くらり
脚本・演出: 村上大樹
日程: 2016年3月10日(木)~13日(日)
場所: Zeppブルーシアター六本木
(c)馬谷くらり/眉難高校演劇部
主催: マーベラス、ポニーキャニオン、セガ・ライブクリエイション
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集