青森が舞台、「ふらいんぐうぃっち」のメインキャストに篠田みなみ、鈴木絵理、菅原慎介

ニュース

2016年4月より日本テレビ、青森放送ほかにて放送予定のテレビアニメ『ふらいんぐうぃっち』に出演するメインキャストと、キャラクタービジュアルが公開された。主人公の魔法使い・木幡真琴役に篠田みな、倉本千夏役に鈴木絵理、さらに倉本圭役を菅原慎介が担当する。
『ふらいんぐうぃっち』は、「別冊少年マガジン」(講談社)に石塚千尋が連載する人気マンガだ。本作を原作に監督:桜美かつし、シリーズ構成に赤尾でこ、キャラクターデザインに安野将人、そしてJ.C.STAFFのアニメーション制作で映像化する。青森が舞台のアニメを青森放送で放送するのも話題だ。

作品は高校入学をすることになった魔女・木幡真琴が、自然に囲まれた青森の地で、一人前の魔女になるため励む日々が描かれる。久しぶりに再会したいとこの圭や千夏、新しい友達との、悠々自適な毎日を楽しめる。

公開されたメインキャストで目を引くのが、若手声優の篠田みなみが主人公の木幡真琴を演じる点だ。真琴は極度の方向音痴で、しばしば道に迷ってしまう、マイペースでおっとりした性格の持ち主。
鈴木絵理が担当する倉本千夏は、好奇心旺盛で活発な小学生。真琴とはいとこにあたる。自身が演じる千夏は無邪気で「平和の象徴」と表現としており、そんなキャラクターをいかに演じるのか期待だ。
そんな千夏の兄、倉本圭はそして真琴とは同い年でクラスメイトになる。菅原慎介が担当する。

今回のメインキャスト発表に合わせて、3人のキャラクタービジュアルも公開された。これまで真琴はキービジュアルにも登場していたものの、千夏、圭のイラストは今回が初となる。いずれも原作の雰囲気を表現しており、安心のクオリティと言えるだろう。

「ふらいんぐうぃっち」
(C)石塚千尋・講談社/「ふらいんぐうぃっち」製作委員会
《ユマ》

編集部おすすめの記事

特集