「仮面ライダー1号」に地獄大使が復活、立花藤兵衛の孫・麻由が登場

ニュース

44年ぶりの藤岡弘の主演で注目を集める映画『仮面ライダー1号』。そのポスタービジュアルが公開された。
本作は3月26日より公開されるシリーズ45周年記念作品となっている。藤岡弘が本郷猛役として再び登場することが決定し話題となっている。今回、これにさらにキャストの詳細も明かされた。

『仮面ライダー』は1971年4月3日よりテレビ放送を開始した。昭和の特撮ヒーローを代表する作品だ。2016年で45周年を迎える本作の記念すべき映画が『仮面ライダー1号』だ。1月28日には本郷猛を藤岡弘が演じることや、愛車であるネオサイクロン号のビジュアルが公開された。
新たに公開となったポスタービジュアルには、ネオサイクロン号に乗った仮面ライダー1号の姿だ。さらに2015年10月より放送している『仮面ライダーゴースト』から仮面ライダーゴーストと仮面ライダースペクターも現れている。初代ライダーと最新ライダーの夢の顔合わせだ。2月6日より全国の劇場に順次ポスターげ掲出される。

さらに本郷猛の宿敵である地獄大使が復活が発表された。ショッカーの大幹部でシリーズでも人気の高い敵役である。その地獄大使を大杉漣が演じる。大杉がシリーズに登場するのは2009年に公開された『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』以来となる。
そして物語に登場するカギとなる登場人物、立花麻由を演じるのが岡本夏美。立花麻由は、本郷猛のバイクの師匠である立花藤兵衛の孫にあたる。演じる岡本夏美は雑誌セブンティーン専属モデルとして活躍している。映画でもその存在感を発揮しそうだ。

新たな敵として、ノバショッカーの登場も明かされた。ノバショッカーのリーダー格であるウルガ役に阿部力、冷酷なイーグラ役に長澤奈央、力自慢のバッファル役を元キックボクサーの武田幸三が演じる。
宿敵と新たな敵の登場で、長年のファンから新たなファンまで楽しめる内容となっている。今後の情報にも注目したい。

『仮面ライダー1号』
3月26日(土)ROADSHOW!!
(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集