デジタル作画フォーラム「ACTF 2016」 制作会社が業界の未来を解き明かす

ニュース イベント

2月13日、練馬区立区民・産業プラザ3階 Coconeriホールにて「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム 2016」(ACTF 2016)が開催される。作画のデジタル化とフローの改革をテーマに、複数の制作会社が作品事例を通して業界の未来を探る。

2015年2月に行われたACTF 2015は、ペーパーレス作画をテーマにした初の大規模フォーラムとして、アニメ制作会社や専門教育機関を中心に反響を集めた。ACTF 2016では新しい作品表現と経営を目指す複数の制作会社が登壇。実際の作品事例を紹介し、作画のデジタル化について解き明かす。
『妖怪ウォッチ』などで知られるオー・エル・エムは「Toon Boom Harmony を使ったデジタル作画ワークフロー構築への道」を開催。『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』のサンジゲンは「あえてやるんだ!TVPaint 作画の可能性」、『台風のノルダ』のスタジオコロリドは「CLIP STUDIO PAINT & STYLOS でのデジタル作画ワークフローの構築について」を行う。それぞれ異なる作品・ソフトウェアを通じて、デジタル作画の現在地を知ることができる。

さらに文化庁による若手アニメーター等人材育成事業・あにめたまご2016の「制作受託 4 社の制作状況:実例発表」も行われる。新人育成という観点からも注目のフォーラムになるだろう。
ACTF 2016の参加料は無料。定員は300名で専用フォームからの申込が必要だ。参加資格は商業アニメーション制作の従事者もしくは制作会社で、実制作に携わっている人のみとなっている。
[高橋克則]

「ACTF2016」
開催: 2016年2月13日(土)
場所: 「Coconeri ホール」練馬区立区民・産業プラザ3階

[/アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.bizより転載]
《アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.biz》

関連ニュース

特集