「白鳥麗子」「のだめ」が復活、新作読み切り「Kiss」にて登場

ニュース

モデルで女優の河北麻友子や人気急上昇中の「BOYS AND MEN」を迎え再び実写ドラマ化された「白鳥麗子でございます!」と、上野樹里&玉木宏で実写化され大きなムーブメントを巻き起こした人気作「のだめカンタービレ」の両作品が、2月25日(木)発売の「Kiss」4月号にて新作読み切りで掲載されることが分かった。

「白鳥麗子でございます!」は、累計発行部数1,700万部を誇る鈴木由美子の大人気漫画。主人公・麗子の「おーほほほほほほ!」という高笑いの記憶と共に、漫画史に燦然と輝く名作で、これまで1989年、1993年と2度にわたるドラマ化、さらに1995年には映画化もされた。そして2016年、20年ぶりに映像化が決定。河北さんを主演に、相手役には東海地区にて人気急上昇中の「BOYS AND MEN」(通称:ボイメン)のメンバーが大抜擢。大きな注目が集められ、1月よりテレビドラマ化、そして劇場版の公開も決定している。

今回のドラマ放送記念特別読み切り「白鳥麗子でございます!2016」では、2016年、申年…アラフォーとなった麗子と、哲也のラブラブな現在を相変わらずのパワーで描くという。ファン超待望&大感激の復活劇に、期待が高まる。

そして、「のだめカンタービレ」は二ノ宮知子によるシリーズ累計発行部数3,700万部を超える大人気コミック。指揮者を目指すエリート音大生・千秋に恋をしたピアノ科の落ちこぼれの音大生・のだめの成長と恋を描いた“クラシック音楽コメディ”として人気を博し、2006年には上野さん&玉木さんでフジテレビ系にて実写ドラマ化。さらに2009年と20110年にはドラマ版の完結編として劇場版が前・後編連続で公開され興行収入78.2億円を越える大ヒットを記録。アニメ版も3期に渡って放送され、さらに韓国版ドラマ「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」も制作されるなど、国内外の幅広い層に多くのファンを獲得している。

今回の特別読み切りでは、「フマニノフ ピアノ協奏曲第3番」を演目に物語が展開。以前、シュトレーゼマンの指揮の下、千秋がピアノを弾き共演したのが第2番…本邦初公開の第3番には、どんなストーリーが待ち受けるのか!? 2016年、装いも新たに復活する大人気作品を見逃さないで。

「Kiss」4月号は2月25日(木)より発売。

「白鳥麗子」「のだめ」が復活!新作読み切り「Kiss」にて登場

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集