「バケモノの子」BD/DVD同梱小説、タイトルは「バケモノの晩ごはん」

ニュース

「バケモノの子」BD/DVD同梱小説、タイトルは「バケモノの晩ごはん」
  • 「バケモノの子」BD/DVD同梱小説、タイトルは「バケモノの晩ごはん」
  • 「バケモノの子」BD/DVD同梱小説、タイトルは「バケモノの晩ごはん」
  • 「バケモノの子」BD/DVD同梱小説、タイトルは「バケモノの晩ごはん」
2月24日の発売を迎える『バケモノの子』Blu-ray/DVDの情報が明らかにされた。映画に合わせてデザインされたパッケージの展開図を公開。さらにスペシャル・エディションに同梱される細田守書き下ろし短編小説のタイトルも明らかにされた。
DVDとBlu-rayのスタンダード・エディション、さらにBlu-rayスペシャル・エディションの3タイプが発売予定。2015年の大ヒット作をより深く知るアイテムとなっている。

まずスタンダード・エディションには、くるみ三方背ケースの中にデジパック、ブックレットを封入。ブックレットは劇場パンフレットの縮刷版であり、映画公開時買い逃した人にとっても嬉しいアイテムとなっている。
そしてスペシャル・エディションには、同様のデザインのデジパック、ブックレットに加えて、監督を務めた細田守氏書き下ろし短編小説と、細田氏の撮り下ろしインタビューを収録したオーディオコメンタリー副読本「『バケモノの子』テキストコメンタリー[Interview&Artwork]」も同梱される。

細田氏が書き下ろした短編小説のタイトルは「バケモノの晩ごはん」。このパッケージのために新たに描いたスピンオフ作品だ。さらに表紙・挿絵は、作画監督・山下高明氏の描き下ろしとなっており、『バケモノの子』ファン待望の特典と言えるだろう。
そのほか、Blu-ray/DVDには、音声特典として2種類のオーディオコメンタリーも収録される。ひとつは細田氏のほか、宮崎あおいさん、染谷将太さん、広瀬すずさん、司会の古川耕さんが登場するキャストコメンタリー。もうひとつは、細田氏、山下氏、さらに作画監督を務めた西田達三氏も加えたスタッフコメンタリーだ。
どちらも制作の裏側や作品に込めた思いなど、普段聞くことのできない話題が詰まっていそうな、興味深い特典だ。

なお、Blu-ray/DVD発売の2日後、2月26日には、『バケモノの子』の製作現場に密着した映像作品「プロフェッショナル仕事の流儀アニメーション監督細田守の仕事」が発売となる。
これは昨年8月にNHKで放送された番組をパッケージ化した商品だ。未放送映像も収録されるそうなので、ファンにとってはこちらも見逃せない。


『バケモノの子』
(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS
《ユマ》

編集部おすすめのニュース

特集