兵馬俑展をキングダムから見るトークイベント開催 博物館の研究員も大ファンだった | アニメ!アニメ!

兵馬俑展をキングダムから見るトークイベント開催 博物館の研究員も大ファンだった

ニュース

2015年10月27日より東京国立博物館 平成館で開催されている特別展「始皇帝と大兵馬俑」が大盛況を博している。中国から貴重な遺物である兵馬俑を日本に運び展示、さらにそこから古代中国の世界を紹介しているのが人気の秘密だ。来場者は1月3日までで50万人を突破した。
2月21日までの会期終了が迫る中で、1月20日から22日までの3日間、館内で展覧会に合わせた楽しい企画が開催されることになった。トークイベント「キングダムからみた兵馬俑の世界」である。

トークはマンガ家・原泰久作さんが『ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の人気作『キングダム』を切り口に兵馬俑、それが囲んだ墓の主である始皇帝、そしてその時代を読み解くものだ。『キングダム』は中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と秦王・政すなわち後の始皇帝の活躍を描く歴史大河アクションである。波乱の展開は多くのファンを持ち、マンガ単行本の累計発行部数は2000 万部を超える大人気になっている。
2012年からテレビアニメ化され、NHKで放送されている。こちらも人気で、多くの人が古代中国の歴史に触れるきっかけともなっている。

実は今回の展覧会の担当研究員の一人である谷豊信さんもそうしたファンである。今回は自らが講師となり、キングダムからみえてくる兵馬俑の世界を語るという。中国考古学の専門家さえ納得させる『キングダム』、そこからさらに実際の歴史を知るトークは多くの人に楽しめそうだ。
当日は博物館への入館料だけで誰でも無料で聴講できる。会場となる大講堂の定員380名、当日先着順で受け付ける。

また東京国立博物館 平成館では、1階に『キングダム』の等身大キャラクターのスタンドも設置。朝日新聞のキングダム号外も配布する。ここには本編の1話を掲載している。展覧会からさらにマンガへも興味を広げられるようにしている。

特別展『始皇帝と大兵馬俑』
開催期間: 2015 年10 月27 日(火)~2016 年2 月21 日(日)
開催場所: 東京国立博物館 平成館
料金、開館時間などは公式サイトでご確認ください。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 手塚治虫文化賞マンガ大賞に「キングダム」 「3月のライオン」などかわす 画像 手塚治虫文化賞マンガ大賞に「キングダム」 「3月のライオン」などかわす
  • 「キングダム」第2シリーズ、アフレコ快調 森田成一、福山潤、野島裕史、細谷佳正ら意欲満々 画像 「キングダム」第2シリーズ、アフレコ快調 森田成一、福山潤、野島裕史、細谷佳正ら意欲満々

特集