一年の始まりは「暦物語」、新作短編アニメ12本やカレンダー機能を無料アプリで発信 | アニメ!アニメ!

一年の始まりは「暦物語」、新作短編アニメ12本やカレンダー機能を無料アプリで発信

ニュース

一年の始まりは「暦物語」、新作短編アニメ12本やカレンダー機能を無料アプリで発信
  • 一年の始まりは「暦物語」、新作短編アニメ12本やカレンダー機能を無料アプリで発信
  • (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
小説家・西尾維新の人気作品〈物語〉シリーズ。2009年の『化物語』をスタートに次々にアニメ化されている。原作の持ち味に加えて、スタイリッシュでエッジの効いたシャフトによるアニメーション制作が人気だ。
2015年秋には『終物語』が1クールにわたり放送され好評を博した。また『傷物語』が劇場3部作となり、2016年1月9日にはいよいよ待望の第1部<I鉄血篇>が公開される。

そして2016年にはもうひとつ、これまでと違ったかたちでシリーズのアニメ作品がリリースされる。1月9日より公式アプリ「暦物語」で配信される『暦物語』である。
公式アプリはアニプレックスがApp StoreとGoogle Playで無料配信するものだ。〈物語〉シリーズをコンセプトに様々サービスを提供する。1月1日よりスタートした日めくりカレンダー機能は、毎日更新でキャラクターボイスも入っている。
アニメ『暦物語』は、この目玉コンテンツになる。これまでアニメ化されていなかった『暦物語』を新作短編アニメとして、毎週土曜日深夜に無料配信する。視聴できるのは、ここだけの限定コンテンツである。視聴も含めて公式アプリは、完全無料で利用出来るのもポイントだ。すでにアプリのダウンロード数は20万を超えるほど人気になっている。

『暦物語』は、様々な怪異に遭遇し続けるシリーズの主人公・阿良々木暦の一年間をこれまで語られなかったエピソードになる。各物語をつなぐ、12編からなる短編連作だ。
テレビシリーズ、テレビスペシャル、映画、映像配信プラットフォーム、これまで様々なかたちで作品を世に送り出してきた〈物語〉シリーズが、また新たなアニメのかたちを目指しているのも注目される。

〈物語〉シリーズ公式アプリ「暦物語」
http://www.monogatari-series.com/koyomimonogatari/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「傷物語〈II熱血篇〉」、2016年夏全国公開決定 前売りは1月8日販売スタート 画像 「傷物語〈II熱血篇〉」、2016年夏全国公開決定 前売りは1月8日販売スタート
  • 「憑物語」オープニング、全編1分半をネットで先行公開 大晦日一挙放送の話題作 画像 「憑物語」オープニング、全編1分半をネットで先行公開 大晦日一挙放送の話題作

特集