「スター・ウォーズ」が紅白にやってくる リハーサル快調、ダース・ベイダー率いるストームトルーパー軍も

ニュース

(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
  • (C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
  • (C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
2015年のエンタテインメントシーンの幕を飾る一大イベントが、今年で66回目を迎えるNHK紅白歌合戦だ。近年は歌やアーティストだけでなく、一年間のエンタテインメントをまとめて紹介する役割も持っている。
そんな今年の紅白に「スター・ウォーズ」が登場と、大きな話題を呼んでいる。12月18日には映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が全国公開された人気の映画シリーズだ。
31日には『フォースの覚醒』で初めて登場したBB-8や往年のR2-D2、C-3POら人気ドロイドが出演。さらに人気グループの嵐とスペシャルなステージを繰り広げる。これまでになかったようなパーフォーマンスになる。

30日にはNHKホールで、本番に備えたスペシャルステージのリハーサルが行われた。会場にはまずBB-8が転がりながら登場、そのキュートな姿が取材陣を沸かせた。さらに嵐が前に姿を見せ、紅白ならではの華やかさを演出した。
31日のステージは、紅白だけの壮大なスケールになるという。出演はBB-8だけでなくR2-D2、C-3POたち。さらにシリーズの敵役であるダース・ベイダーも登場することが明らかになった。ダース・ベイダーはストームトルーパー軍を率いて会場に現れ、国民的イベントである紅白をダークサイドの手中に収めようとするのだが……。それを救うため、日本のジェダイとして嵐が活躍するという。ビッグネーム同士の共演が日本のお茶の間をくぎ付けにするに違いない。

「スター・ウォーズ」と紅白、やや意外な組み合わせに見えるかもしれない。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、公開前から積極的に日本の伝統的な文化やイベントとコラボレーションを重ねてきた。そこにはさっぽろ雪まつり、青森県田んぼアート、青森ねぶた祭り、鳥取砂丘“砂のスター・ウォーズ”、カワサキ ハロウィンド、京都・清水寺“スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風神雷神図屏風”などがある。紅白出演は、その集大成と言えそうだ。
映画は引き続き全国公開中、興行収入は2016年を前に早くも45億円に達するなど、記録的な数字となっている。人気の秘密はファミリー層から、男女学生、カップルや女性客、年配層など幅広いファンを獲得していることだという。国民的番組の出演で、さらにそうした映画の人気も広がりそうだ。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
配給表記:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集