「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」ストライクインターセプターも登場!【コミケ89レポート】

イベント・レポート

2015年12月29日から31日まで「コミックマーケット89」が開催されている。東京ビッグサイトで行われる毎回話題のイベントだ。
アニメ!アニメ!では夏に続き企業ブースに注目した。その中で2016年1月からスタートする『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』のブースの様子をレポートする。

『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』は2016年1月7日より順次放送開始となるオリジナルアニメだ。谷口悟朗総監督をはじめ、アニメファンには嬉しい豪華スタッフ陣が揃っている。2016年1月から3月までが第1期、2016年7月から9月までに第2期を放送することを決定している。

ブースではPVの上映を実施、そしてタイミング良くストライクインターセプターが登場していた。ストライクインターセプターとは、作品の主人公・黒崎猛が装着するウィルウェアだ。スーツの実物は円谷プロが制作したものとあってシルエットもかっこ良い。カメラを向ける人も多く、そんなギャラリーに対してクールにポーズを決めていた。女性のキャラクター3人のコスプレイヤーもいたので、華やかなブースとなっていた。
ブースでは他に公式アプリ「アクティヴレイド めざましマネージャー Liko」がモニターで登場。Likoというキャラクターによるコンシェルジュ型アプリだが、実際に本編にも登場する。実際に会話を楽しむこともできるそうだ。

さらに無料配布でクリアファイルも配っていた。メインビジュアルの絵柄はキャラクターが勢ぞろいしている。放送に先駆け、作品の世界観を少し体験できるブースとなっていた。
《タカロク》

編集部おすすめの記事

特集