「モンスター・ホテル2」2016年2月20日公開 ドラキュラと人間の子を巡って大騒動勃発!?

ニュース

2012年に公開され大好評を博したハリウッドの長編アニメーション映画『モンスター・ホテル』が再び日本に戻ってくる。2016年2月20日より、ユナイテッド・シネマ全35館にて、続編となる『モンスター・ホテル2』が劇場上映される。
舞台は幸せな結婚を手に入れた人間のジョナサン、ドラキュラの娘メイヴィスのその後だ。あれから7年、モンスター・ホテルで幸せな暮らしをする二人にはデニスという名前の男の子が誕生していた。ところがデニスにはドラキュラの能力が全くなかった。デニスの祖父であるドラキュラは、これを大心配。ある計画を練ったことから再び大騒動が繰り広げられる。

近年は、ハリウッドではCGの長編アニメーションが次々に製作されているが、『モンスター・ホテル2』はソニー・ピクチャーズ アニメーションがそのエンタテインメントのノウハウを注ぎ込んだ。2015年秋に公開した北米では、興収1億6780万ドル、日本円で200億円を超える大ヒットを記録した。前作の『モンスター・ホテル』をも大きく上回った。米国の子どもたちがいかに熱狂したか分かるだろう。
作品の楽しみは、ドラキュラを初め、フランケンシュタインや狼男、ミイラなど、子供から大人までお馴染みのモンスターたちが次々に飛び出すこと。声優にドラキュラ役に有名コメディアンのアダム・サンドラー、若手女優として圧倒的な人気を誇るセレーナ・ゴメスらが出演しているのも見逃せない。日本語吹き替え版では山寺宏一、川島海荷がそれぞれ演じる。

劇場の大きなスクリーンで楽しむのは勿論だが、『モンスター・ホテル2』はより手軽にも楽しめる。2016年2月20日の劇場公開の4日後、2月24日には早くもデジタルセルの先行配信が始まる。さらに3月9日にはデジタルレンタル先行配信を開始、3月23日にはBlu-rayとDVDの発売、レンタルも開始する。様々なファンのニーズに応える。
いち早い配信でのサービス、それがBlu-rayとDVDの発売に先立つのも2016年らしい試みだ。『モンスター・ホテル2』のBlu-rayは4743円(税抜き)、DVDは3800円(税抜き)、いずれも英語と日本語を収録する。監督による音声解説やキャラクタースケッチ・ギャラリーなどの映像ソフトならではの特典も満載する。


『モンスター・ホテル2』
2016年2月20日(土)よりユナイテッド・シネマにて劇場公開

2月24日 デジタルセル先行配信
3月9日 デジタルレンタル先行配信
3月23日 ブルーレイ&DVD発売/レンタル開始

[キャスト]
アダム・サンドラー(山寺宏一)、セレーナ・ゴメス(川島海荷)、アンディ・サムバーグ(藤森慎吾)、メル・ブルックス(稲川淳二)ほか
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント ホームエンタテインメント
(C) 2015 Sony Pictures Animation Inc., LSC Film Corporation and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集