ゴジラにフォーカス、ポスターイラストの生頼範義の回顧展 渋谷・PARCO GALLERY Xで開催

ニュース

『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』をはじめ、数々のSF映画のポスターや各種ビジュアルを手がけてきたイラストレーター生頼範義の回顧展が、東京・渋谷のPARCO GALLERY Xで開催される。12月30日より1月17日まで開催される「ゴジラX生頼範義回顧展」だ。
生頼範義は1960年代よりイラストレーターとして活動、1980年の『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』の国際版ポスターで一躍脚光を浴びた。熱い肉厚のタッチで一枚の絵の中にドラマを凝縮し、見る人の心を動かす。2015年10月27日に79歳で世を去り、多くのファンを哀しませた。

今回の展覧会は、そんな生頼範義の仕事からゴジラに関係するものを集めた。生頼範義による「ゴジラ画」の全てを紹介する。作品は完成イラストの原画にとどまらず、台本、ラフスケッチなども披露する。ゴジラを通じて、生頼範義の歩みを紹介する個性たっぷりの企画になっている。
一方でゴジラは2014年にハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』が公開され大きな話題を呼んだばかり。2016年には『シン・ゴジラ』も公開と関心が高まっている。展覧会の作品を追うことで、なぜ長年ゴジラが愛されるのかも伝わってくるに違いない。

展示作品のなかでも、12月に仕事場で見つかった「ゴジラVSキングギドラ」のラフスケッチなど本邦初公開、貴重な作品だ。さらに西川伸司、開田裕治、麻宮騎亜らのクリエイターが、追悼イラストを公開する。3人は1月10日、11日、1月17日に、それぞれギャラリートークとサイン会も会場で実施する。
さらに12月30日には、三池敏夫(ゴジラシリーズ特撮美術監督)を招いたオーライタローのギャラリートーク、1月9日(土)には作家・木原浩勝がゴジラと生頼範義を語るイベントもある。いずれもギャラリーの特設ページで確認できる。

「ゴジラX生頼範義回顧展」
http://www.parco-art.com/web/gallery-x/exhibition.php?id=866
日程:  2015年12月30日(水)~2016年1月17日(日) 10時~21時
会場: PARCO GALLERY X
入場料: 無料

[画像]
「ゴジラX生頼範義 回顧展」
「東宝特撮映画全史」
「The 30th Anniversary of Godzilla」
TM & (C)TOHO CO.,LTD.
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集