映画「同級生」 主題歌は押尾コータローと尾崎雄貴の強力タッグ

ニュース

中村明日美子のマンガ『同級生』が劇場アニメとなって2016年2月20日に公開される。今回は新たに、本作の主題歌情報が明らかになった。
ギタリスト・押尾コータローさんとGalileo Galileiの尾崎雄貴さんがタッグを組み、押尾コータロー with Yuuki Ozaki (from Galileo Galilei)として、主題歌「同級生」を歌い上げる。

押尾コータローさんは2002年にメジャーデビュー。独特のギターアレンジや繊細な音色がファンから支持を集めており、2015年11月には新作アルバム「Tussie mussie II ~loves cinema~」をリリースしたばかりである。
尾崎雄貴さんは2010年にメジャーデビュー。ロックバンド・Galileo Galileiのボーカルとして『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』をはじめ、様々なアニメ作品で主題歌を担当した。2016年春にはワンマンライブツアーも決定している。
二人が手がけた主題歌は、作品と同じタイトルを持つ「同級生」だ。押尾さんがアコースティックギターでメロディを作り、尾崎さんが歌詞を付けた楽曲はどのような仕上がりになっているのだろうか。

『同級生』は優等生の佐条利人とバンドマンの草壁光。高校のクラスメイトである少年二人の揺れる心を描いたラブストーリーである。歴代の「このBLがやばい!」で第1位を獲得するなど、高い評価を得ている人気作だ。
佐条利人役は『干物妹!うまるちゃん』の野島健児さん、草壁光役は『監獄学園』の神谷浩史さんと、2015年も多くの作品でメインキャラを演じてきた人気声優が揃った。監督は中村章子さん、キャラクターデザインは林明美さんが担当。アニメーション制作はA-1 Picturesが行う。
[高橋克則]

[主題歌アーティストコメント]
押尾コータローさん
「ギター1本のアレンジでメインテーマを作り、そのメロディーにGalileo Galileiの尾崎雄貴さんが素敵な歌詞を付けてくれて、この主題歌が生まれました。予想外のコラボレーションが実現し、曲が生まれ変わる瞬間を感じながらとても楽しく制作することができました。本編のストーリーの中でも、たくさんのギターの音色が流れてきます。ぜひ楽しみにしていてください」

尾崎雄貴さん
「僕の父が押尾コータローさんのファンで、学校に送ってもらう時に、よく車でかかっていたのを覚えています。まさか、その押尾さんとコラボできるとは思っていませんでした。感慨深く、嬉しい気持ちです。今回は押尾さんが書いた曲に、僕が歌詞をのせ、バンドで演奏するかたちでした。
アコースティックギターのメロディーに、歌詞をあてて歌うというのは初めての体験だったので、とても勉強になりました。そして、この素敵なコラボの機会を作ってくださった『同級生』に感謝しています。ぜひ、映画館でみなさんに聴いてもらいたいです」

『同級生』
(c)中村明日美子/茜新社・アニプレックス
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集