ラグビーがテーマ! 2016年放送のTVアニメ「ALL OUT!!」が全国高校ラグビー大会を応援

ニュース

2016年、ラグビーを題材にした初のテレビアニメ『ALL OUT!!』が登場する。原作は雨瀬シオリが月刊「モーニング・ツー」(講談社)連載するスポーツマンガだ。
背が小さな祇園健次、長身の石清水は、神奈川高校(ジンコー)の2人は、入学式にラグビーに出会う。ここから高校ラグビーを舞台にした本格的な物語が始まる。スポーツアニメは数多いが、意外なことに人気スポーツのひとつでもあるラグビーをテーマにしたテレビアニメは今回が初だという。それだけに本作は多くの話題が集中しそうだ。

番組は2016年のどの時期での放送になるのかスケジュールは未定だが、本年末から早くもコラボレーションで活躍する。12月27日よりスポーツ専門チャンネルのJ SPORTSにて放送される「第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会」の中継に、『ALL OUT!!』のキャラクター達が登場する。
J SPORTSはスポーツテレビ局としては国内最大4チャンネルを保有する大手局。2015年12月27日から2016年1月11日までの期間中、テレビとJ SPORTSオンデマンドを活かして高等学校ラグビーフットボール大会の全54試合を生中継する。
ここに『ALL OUT!!』の原作のキャラクタービジュアルが登場する。作品と重ね合わせながら、花園で活躍する高校生たちを応援する。

主人公の祇園と石清水は、身長も性格も正反対の凸凹コンビだ。この二人を中心に個性たっぷりのキャラクター達が活躍する。高校生たちの青春と熱いドラマは、現役の部活生やラガーマンは勿論、女性層からも人気を呼んでいる。
ラグビー自身も大きな関心を集める中で、2016年の『ALL OUT!!』がさらなるブレイクをすることも感じさせる。

『ALL OUT!!』
2016年TVアニメ化
(C)雨瀬シオリ/講談社
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集