「冒険王ビィト」再び 2016年4月から10年ぶりに連載再開、バロン編完結を描く | アニメ!アニメ!

「冒険王ビィト」再び 2016年4月から10年ぶりに連載再開、バロン編完結を描く

ニュース

2000年代前半に一世を風靡した少年マンガ『冒険王ビィト』が、2016年春に復活することになった。12月21日に発売された「週刊少年ジャンプ」3・4合併号(集英社)にて、『冒険王ビィト』が2016年4月発売予定のジャンプスクエア増刊誌「ジャンプ SQ.CROWN  2016SPRING」にて連載再開すると発表した。
『冒険王ビィト』は2002年春から「週刊少年ジャンプ」で連載され、その後「月刊少年ジャンプ」2006年9月号を最後に休載に入っていた。連載再開は10年振りとなる。
発表によれば未完となっているビィトとバロンの戦いを描いたバロン編の完結までの連載が決まっている。10年ぶりに繰り出すビィトの冒険に、多くのファンが喝采されるに違いない。

『冒険王ビィト』は、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』でも知られる原作・三条陸と漫画・稲田浩司のコンビが世に送り出した。舞台は魔物を操る魔人が巨大な力を持つ「暗黒の世紀」。魔人退治をするヴァンデルバスターとなった少年ビィトは、「暗黒の世紀」の終わらせる決意と共に冒険を続ける。
2004年にはテレビアニメ化もされている。東映アニメーションのアニメーション制作に作品は、『冒険王ビィト』『冒険王ビィト エクセリオン』と1年半に及ぶロングシリーズとなった。こちらも絶大な人気を博した。
連載開始の詳細は、2016年1月4日に発売の「ジャンプスクエア」2016年2月号にも掲載される。連載開始まで、3ヵ月あまりをじっくり待ちたい。

『冒険王ビィト』の連載再開に先立って、三条陸による新作読切マンガも登場した。「週刊少年ジャンプ」3・4合併号に『クリメイターズ』が掲載されている。「兆者」と呼ばれる怪物を焼き倒すクリメイター=火葬人の活躍を描く伝奇バトルアクションだ。三条陸と稲田浩司らしいテーマの作品がファンから人気を呼びそうだ

『冒険王ビィト』カラーカット (C)三条陸・稲田浩司/集英社
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「BORUTO-ボルト-」、2016年春に「週刊少年ジャンプ」で連載開始 原作・監修は岸本斉史 画像 「BORUTO-ボルト-」、2016年春に「週刊少年ジャンプ」で連載開始 原作・監修は岸本斉史
  • とんかつもフロアもアゲられる男“アゲ太郎”が「COUNTDOWN JAPAN 15/16」に出演決定 画像 とんかつもフロアもアゲられる男“アゲ太郎”が「COUNTDOWN JAPAN 15/16」に出演決定

特集