「傷物語〈I 鉄血篇〉」公開まで1ヵ月切る 作品紹介を一挙更新、新場面カットも | アニメ!アニメ!

「傷物語〈I 鉄血篇〉」公開まで1ヵ月切る 作品紹介を一挙更新、新場面カットも

ニュース

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
『傷物語〈I 鉄血篇〉』が2016年1月8日にいよいよ公開日を迎える。原作への熱狂的な人気、テレビシリーズの大ヒットで注目を浴びるアニメ「〈物語〉シリーズ」の最新作だ。2011年の映画化発表から長らくの沈黙を経て、2015年に明らかにされた全三部作での制作決定が世を驚かせた。
そんな話題作の情報が12月15日に一挙に更新された。新たに新場面カットやストーリー、キャラクター紹介などが明かされた。

『傷物語』はベストセラー作家・西尾維新の小説「〈物語〉シリーズ」の一冊である。「〈物語〉シリーズ」は、2009年の『化物語』を皮切りにアニメ化された。累計出荷数は200万枚を超える。
2015年10月からは『終物語』も放送されている。またアニメスタジオのシャフトにフォーカカスした展覧会「MADOGATARI展」が満員になるなど、熱い状況が続いている。

『傷物語』は、そんな「〈物語〉シリーズ」の原点にあたる。本作では今まで多くの怪異に苦しむ少女たちに関わってきた主人公の高校生・阿良々木暦がなぜ吸血鬼体質になったのかを描く。
阿良々木暦が“怪異の王”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードに出会い、彼女に血を与え吸血鬼になるというすべてのシリーズの出発点を描く。多くのシリーズがこの『傷物語』から1年以内の内容であることも驚くべきことだろう。原作は2016年1月に発売される『業物語』で20巻となり、アニメ化作品は6作全75話制作されている。

サイトのキャラクター紹介では、阿良々木暦、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードをはじめ羽川翼、忍野メメ、ドラマツルギー、エピソード、ギロチンカッターが紹介されている。新たに公開された場面カットでもそれぞれのキャラクターが描かれている。

『傷物語〈I 鉄血篇〉』
2016年1月8日(金)全国ロードショー
配給:東宝映像事業部
(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「傷物語<I鉄血篇>」 特典ついた4タイプのバンドルチケット発売決定 画像 「傷物語<I鉄血篇>」 特典ついた4タイプのバンドルチケット発売決定
  • 映画「傷物語」は劇場3部作、<I鉄血篇>は2016年1月8日公開 〈II熱血篇〉〈III冷血篇〉に続く 画像 映画「傷物語」は劇場3部作、<I鉄血篇>は2016年1月8日公開 〈II熱血篇〉〈III冷血篇〉に続く

特集