アニメ「最弱無敗の神装機竜」2016年1月11日放送開始 主題歌タイトルも決定

ニュース

2016年1月スタートのテレビアニメ『最弱無敗の神装機竜(バハムート)』のオープニング/エンディングテーマが決定した。オープニングテーマのタイトルは「飛竜の騎士」、TRUEが歌唱する。エンディングテーマはnano.RIPEによる「ライムツリー」となった。
また放送開始スケジュールも固まった。初回放送は2016年1月11日(月)となり、AT-X、TOKYO MX、サンテレビ、KBS京都、テレビ愛知でオンエア。1月16日からはBS11でも放送がスタートする。

『最弱無敗の神装機竜』は、明月千里による同名のライトノベルが原作となる。2013年からGA文庫で刊行をスタートし、2015年12月現在、第7巻までが発売されている学園バトルファンタジーだ。
テレビアニメでは 安藤正臣を監督に、アニメーション制作を『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION』『暗殺教室』などのラルケが担当する。

オープニングを務めることになったTRUEは、『響け! ユーフォニアム』『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』などの作品で、オープニング主題歌を担当した。また、TRUE(唐沢美帆)自身が本曲の作詞も手がけている。
ファンの間ではアニメ好きとして知られるTRUEが、『最弱無敗の神装機竜(バハムート)』ではどんな世界観を表現するのか注目だ。なお、「飛竜の騎士」は2016年2月10日のCDリリースが決まっている。価格は税抜き1200円。

一方エンディングテーマはnano.RIPEによる「ライムツリー」となった。nano.RIPEは『花咲くいろは』や『のんのんびより』などの作品で、印象的な楽曲を制作してきた4人組ロックバンド。
「ライムツリー」は2016年2月24日にCDが発売する。初回限定盤はミュージックビデオが収録されたDVDがセットになっている。こちらもCDの価格は税抜き1200円で、初回限定盤は2400円となる。

『最弱無敗の神装機竜』は、遺跡から発掘された古代兵器・装甲機竜(ドラグライト)が鍵となる。主人公はクーデターによって滅びたアーカディア帝国の皇子ルクス。最強の機竜使い(ドラグナイト)と呼ばれた彼が、機竜使い育成のための女学園に入学するところから物語が広がっていく。

『最弱無敗の神装機竜』
(C)明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会
《キャプテン住谷》

編集部おすすめの記事

特集