劇場アニメ「牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-」2016年春公開 「炎の刻印 」から4年後が舞台

ニュース

2005年の特撮テレビ番組『牙狼〈GARO〉』から、さらなるテレビシリーズ、スピンオフ、映画、オリジナルビデオ、テレビアニメと広がる「牙狼〈GARO〉」シリーズが、いよいよ劇場アニメに進出する。2015年11月23日にシリーズ10周年を記念したイベント番組「金狼感謝祭2015」が実施され、この中で劇場アニメ『牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐』の2016年春公開決定が発表された。
作品は2014年にテレビ放送されたシリーズ初のアニメ作品『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』の続編にあたる。『炎の刻印』の刻印から4年後が舞台となる。レオンたちの新たな物語が綴られ、中世ヨーロッパの魔女狩りをモチーフとしたダークファンタジーな世界観がふたたびファンを魅了する。 

原作はシリーズでお馴染みの雨宮慶太、林祐一郎が引き続き監督を務め、脚本の小林靖子も続投だ。アニメーション制作も、テレビシリーズ『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』『牙狼 -紅蓮ノ月-』に引き続きMAPPAとなる。『神撃のバハムート GENESIS』や『残響のテロル』で見せた映像と演出に期待がかかる。
キャストではレオン役の浪川大輔の続投が明らかになっている。完全新作とされるストーリーだが、新たなキャラクターが登場するのかなど続報が期待される。

「牙狼〈GARO〉」シリーズは、クリエイター雨宮慶太が生み出した特撮ヒーロードラマ。大人に向けた特撮ドラマ、独自の映像美が人気の秘密だ。これまでにテレビシリーズ5作、劇場版5作、さらにスペシャルドラマ、スピンオフと数多くの関連作品が生み出してきた。2000年代を代表する特撮シリーズとしてその世界観は広がる一方だ。
今回の劇場アニメは、2005年の放送開始から10年「牙狼〈GARO〉」10周年を記念する作品となる。2016年はこのほか新たなテレビシリーズ、イベントも盛りだくさんだ。

劇場版『牙狼〈GARO〉 -DIVINE FLAME-』
2016年春 新宿バルト9他全国ロードショー
配給: 東北新社 
(C)2016 「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
《高松拳人》

編集部おすすめの記事

特集