「牙狼<GARO>」シリーズ10周年 劇場アニメに新TVシリーズ、ライブと次々発表

ニュース 映画/ドラマ

2005年にテレビドラマとしてスタートした『牙狼<GARO>』が、10周年を迎える。11月23日には毎年恒例となっているシリーズのイベント「金狼感謝祭」が開催されたが、メモリアルイヤーに相応しい盛り上がりとなった。
テレビシリーズ5作、劇場版5作、さらにスペシャルドラマ、スピンオフ、テレビアニメシリーズ2作にも及んだ過去を振り返るだけでなく、次の10年に向けた飛躍を感じさせるものとなった。この場で、2016年以降のシリーズの取り組みが発表された。それは完全新作劇場アニメ、2本のテレビシリーズ、音楽ライブ、大型イベントと実に多彩だ。

まずアニメファンであれば注目したいのが、劇場版アニメ『牙狼<GARO>-DIVINE FLAME-』だろう。完全新作で2016年春に公開予定だ。
2014年に放送されたテレビシリーズ『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』の続編にあたる。舞台は『炎の刻印』から4年後となる。監督は林祐一郎、脚本に小林靖子、そしてアニメーション制作がMAPPAと、スタッフにも実力派が並ぶ。

そしてテレビシリーズは2作品。2016年春に放送が決定した『牙狼<GARO>-魔戒烈伝-』は、歴代キャストが集結し、豪華オムニバス形式で描かれる10周年に相応しい作品だ。
もう1作品はテレビシリーズ『絶狼<ZERO>』である。こちらは2014年3月に劇場公開された『絶狼<ZERO>-BLACK BLOOD-』のテレビシリーズとなる。主演の藤田玲が引き続き、深いドラマとアクションを披露することになる。

またシリーズの出演キャストからなる音楽ユニット「魔戒歌劇団」にも注目したい。2016年1月31日に渋谷GUILTYにて単独ライブを開催する。牙狼<GARO>の世界は音楽にも拡大する。
さらに2016年2月11日には牙狼10周年記念イベント「牙狼10周年記念 魔界ノ宴 -GARO FES.-」が千葉・舞浜アンフィシアターにて開催される。長大なシリーズだけに、ここでも大掛かりな仕掛けが期待出来そうだ。2016年からさらに深化する牙狼<GARO>の挑戦が注目される。

牙狼<GARO> 公式サイト
http://garo-project.jp/
《animeanime》

関連ニュース

特集